日本と中国が第12回アジアカッスープの決勝に進出、WBSC 女子ソフトボールワールドカップ2021出場決定

中国、チャイニーズタイペイ、フィリピン、韓国、インドシニア、香港は、6ヵ国のアジア代表チームとしてオーストラリア、ニュージーランド、ニュージーランドに加わり、第32回東京オリンピック2020を目指し、中国の上海で9月24日から29日まで開催されるWBSCソフトボールアジア/オセアニア予選大会に参加する。

昨日、世界ランキング6位のチャイニーズタイペイ、8位の中国、13位のフィリピンがそれぞれ51位タイ、42位香港、23位韓国を準決勝で敗り、準決勝に進出、オリンピック予選大会への出場権を獲得した。世界2位日本は、すでに開催国として東京2020の資格を得ており、37位のインドネシアを制し、大陸イベントの準決勝を終了した。

昨日、世界ランキング6位のチャイニーズタイペイ、8位の中国、13位のフィリピンがそれなり51位タイ、42位韓国、23位韓国を準決勝で敗り、準決勝に進捗、オリンピック予選大会への出場権を世界2位日本は、すでに開催国として東京2020の資格を得て、37位のインドネシアを制し、大陸イベントの準決勝を終了した。

さらに4ヶ国が上海出場の残りの3枠を争う、今日、インドネシアが4対3でタイ、勝ち、韓国は韓国は11対0で香港を作り、なんとか五輪大陸選挙への切符を集めた。香港とタイはアジア/オセアニアの予約の最後の一枠は香港が13対3で勝利した。

8チームのソフトボールアジア/オセアニア予約は9月24日から28日まで中国の上海で開催される予定だ。オーストラリア、中国、チャイニーズタイペイ、香港、インドネシ、韓国、ニュージーランドのフィクションの2つの表示はどれくらい?この上海での予選に優勝したチームがオリンピック競技ソフトボール大会になる最後の6チーム目となる。各グループの上位2位までの代表チームはスーパーラウンドに進む。

グループとスケジュールは、7月10日にスイスのローゼンヌにあるWBSC本部で行われる抽選で決定される

中国、日本はアジアキャップの決勝に進み、ソフトボールワールドカップ2021の出場権を取得

中国と日本は、第12回アジアカッスープの優勝を賭けっけてる戦い、WBSC世界女子ソンフトボールワールドカッスープ2021年の最初の出場を得たん。中国はチャイニーズタイペイを4対2で破り、日本は10対0でフィリピンを制した。日本が勝てば、5年連続優勝、7回目の優勝になるだろう。チャイニーズタイペイとフィリピンは3位獲得とワールドカップの最後の枠をけいおう。

決勝戦と3位決定戦は5月7日火曜日に行われる。