WBSC公認第2回アジアパシフィックカップが明日2月1日よりオーストラリア、シドニーのブラックタウン国際スポーツパークで開幕する。世界上位11か国のうち世界2位日本、6位チャイニーズタイペイ、7位オーストラリア、8位中国、9位イタリア、11位ニュージーランドの6か国がまず3日間ラウンドロビン(総当たり戦)で対戦する。この大会には6か国代表チームにオーストラリアの第二チームが加わり全7チームで行われる。

ソフトボールは来年のオリンピックを控え、今年は重要な年を迎える。今秋(9月24日~29日)には上海でオリンピックのアジア/オセアニア予選(8チーム出場)がありこのアジアパシフィックカップはその前哨戦となり、アジア/オセアニア予選に出場するトップランク4チーム(オリンピック開催国の日本を除く)が今週末にシドニーで対戦する。

アジア/オセアニア地域ではないがイタリアもアジアパシフィックカップに出場する。イタリアは7月23日~28日オランダのユトレヒトでヨーロッパ/アフリカオリンピック予選を控えておりこの大会で調整する。ヨーロッパ/アフリカ予選からの東京2020オリンピック出場権は1枠のみ。

アジアパシフィックカップの準決勝戦と決勝戦は2月3日FOX Sportsオーストラリアで放送予定。この日から7日間連続ソフトボール関係の試合でファンを楽しませてくれそうだ。アジアパシフィックカップの終了後、2月4日~6日までの3日間第一回サマースラム – ソフトボールシリーズ、さらに2月8日~10日までにはオーストラリア男子代表チームがニュージーランドでTABチャレンジカップに出場する。これらすべての試合がFOX Sportsオーストラリアで中継される。

アジアパシフィックカップ決勝はブルネイ、カンボジア、中国、東ティモール、香港、インドネシア、マカオ、マレーシア、モンゴル、ミャンマー、パプアニューギニア、フィリピン、シンガポール、韓国、台湾、タイ、ベトナムでもFOX SPORTS アジアより視聴できる。

SKY NZ (スカイ・ニュージーランド)もアジアパシフィックカップとサマースラムをニュージーランドで放送する。

昨年の大会では、 日本が開催国オーストラリアを破り3対0で優勝した。その試合は視聴者数百万人を誇るFox Sports局よりアジア・オセアニアで生中継された。

アジアパシフィックカップ出場選手一覧

試合結果と成績

アジアパシフィックカップ2019試合日程

2019年1月31日(木)

Time Field 対戦
11:00 D1 CHN v NZL
11:00 D2 TPE v JPN
13:30 D1 CHN v JPN
13:30 D2 ITA v AUS A
16:00 D1 AUS Travelodge Aussie Spirit v NZL
16:00 D2 TPE v AUS A
18:30 D1 開会式
19:30 D1 AUS Travelodge Aussie Spirit v ITA

 

2019年2月1日(金)

Time Field 対戦
11:00 D1 JPN v AUS A
13:30 D1 ITA v TPE
13:30 D2 JPN v NZL
16:00 D1 AUS Travelodge Aussie Spirit v AUS A
16:00 D2 ITA v CHN
18:30 D2 NZL v TPE
20:00 D1 AUS Travelodge Aussie Spirit v CHN

 

2019年2月2日(土)

Time Field 対戦
11:00 D1 NZL v ITA
13:30 D1 CHN v TPE
13:30 D2 NZL v AUS A
16:00 D1 AUS Travelodge Aussie Spirit v TPE
16:00 D2 JPN v ITA
18:30 D2 CHN v AUS A
20:00 D1 AUS Travelodge Aussie Spirit v JPN

 

2019年2月3日(日)

Time Field 対戦
9:00 D3 Sixth v Seventh
11:30 TBD First v Fourth
11:30 TBD Second v Third
11:30 D3 Fifth v Winner (6 v 7)
14:00 D1 Winner (1 v 4) v Winner (2 v 3)