4大会連覇更新中のアメリカが5連覇を目指し、WBSC U-18 野球ワールドカップ決勝でチャイニーズタイペイと対決する。

The USA and Chinese Taipei will compete in the final

アメリカは逆転勝利。韓国との戦いで5点差を覆して8-5で勝利した。リリーフAlejandro Rosarioが今日のヒーロー。Alejandro Rosarioは7.2イニング投球、自責点0。Nolan Mc Leanは2被安打を許すが、最後のアウト3つをとった。Robert Hassell が2ラン本塁打で逆転の口火を切った。

記事全文

オーストラリアは日本を4-1で下し、侍ジャパンを敗退させた。先発Brendan Bidois は1死球と1安打を許し1点を奪われた。Brendan Bidois は7イニング投球、その後もさらに2被安打。Jack Leeは4アウト、その後Kieren Hall が2アウトをとり、三振で試合を終了させた。

記事全文

チャイニーズタイペイはこの試合の結果が決勝進出に影響しないことをわかっていた。カナダのラインナップは極めて好調で、計17安打を生み出し、うち6打者はマルチヒットを記録した。カナダはチャイニーズタイペイを12-7で下し、スーパーラウンドで初白星を記録した。

記事全文

Australia will face Korea in the third-place final

雷雨による悪天候のため、スーパーラウンド最終日の最初の2試合は遅れて始まった。WBSC技術委員の決定により、スーパーラウンドの試合は第二球場と第三球場に変更された。

placement round Day 3

The main field was not safe enough to host games on the final day of the super round

The standings after super round Day 3

スーパーラウンド3日目のバックステージシーンはこちら