アメリカがU-18パンアメリカン野球選手権大会の決勝でホスト国のパナマを17-2で下し、5連覇を達成した。アメリカはU-18 カテゴリーの国際大会で通算連続8回優勝に輝いている。

3位決定戦ではカナダがニカラグアを5-3で破り3位を獲得した。

決勝はアメリカの圧勝だった。先発Jack Leiterは元オールスターで3度ワールドシリーズ優勝を果たした左投げ投手Al Leiterの長男だ。Jack Leiterは4回投球(74球)、2四球で二人を塁に出したのみで、9奪三振を記録した。

アメリカの攻撃陣は2回裏二つの守備エラーで先発Caballero から先制点を入れ、さらに3回裏9点を一気にいれて点差を広げた。パナマはCaballero 、 Villalobos、 Suarez 、Martinezの4投手を投入した。

アメリカはこの試合で計14安打を記録。MLB2019アマチュアドラフトのトップ選手で、遊撃手のBobby Witt Junior(元ワールドシリーズ優勝、1984年オリンピック投手Bobby Wittの息子)はサイクルヒットを記録した。左野手Corbin Carrollは4打点、1本塁打を記録した。また三塁手Yohandy Moralesも好成績を残した。

パナマはわずか3安打、捕手Herreraは9回表にJacob Meadorからソロ本塁打を放ちアメリカに自責点をつけた。

USA players celebrate a run

U-18 パンアメリカン野球選手権大会3位決定戦は白熱した試合を展開した。

カナダとニカラグアは3対3の同点のまま8回を迎えた。両チームの先発Abram(カナダ)とUmana(ニカラグア)が最後の投球に向かった。

8回表カナダは、LaRon Smith がリリーフのLopezからツーランホーマーを放って勝ち越し点を入れた。1-2カウントから二塁手LaRon Smith が捕らえた変化球は左翼壁を大きく超え、今大会自身の2本目の本塁打となった。

リリーフのJeanが4.2回投球、1被安打、2四球、4奪三振で勝利投手。

Canada finished third U-18 Pan Am Baseball Championship

Canada celebrates the bronze medal

アメリカ、パナマ、カナダ、ニカラグアの4チームはアメリカ代表としてWBSC U-18 ベースボールワールドカップ2019(韓国・機帳)への出場を決めた。

関連記事:

 

パンアメリカン野球選手権大会 4チームがU-18 ワールドカップへ

パンアメリカン野球選手権大会開幕

パナマとアメリカがグループ対戦で無敗

アメリカ、パナマ、カナダ、ニカラグアがU-18 野球ワールドカップ出場権獲得