USA ソフトボールは2019 年アメリカ男子ソフトボール代表チームのヘッドコーチにLeatherを任命したことを発表した。USAソフトボールメンズナショナルチーム選考委員会(MNTSC)の決定により、Leatherは2019年度のアメリカの主な選手権大会の監督をする。

「アメリカソフトボール・男子・ナショナルチームのヘッドコーチとしての役割を引き続き果たすことを光栄に思っている。」とレザーは語った。「プラハで開催されたインターコンチネンタルカップでは、私たちが望んでいた結果を出すことができなかったが、来年に向けて何を改善しなければならないかを学ぶ良い機会だった。何よりも我々は、来シーズンに向けて気持ちを高めており、私は来年の選手たちに大きな期待をかけている。」

Leatherは、2014年シーズンのメンズナショナルチームのアシスタントコーチとして初めて選出され、アメリカの野球殿堂入りをしたDenny Brucker監督のもとで働き、2つの世界野球ソフトボール連盟(WBSC)の男子世界選手権大会と2015年のトロントパンアメリカン選手権大会のアシスタントコーチとして働いた。Letherは2017年の8月に Bruckertが辞任して以来、ヘッドコーチとしての役割を果たし、2003年以来最初の国際大会、ドミニカ共和国のサントドミンゴで開催された2017年パンアメリカン選手権大会ではチームを3位に導いた。

 

「グレッグ・レザーをメンズ・ナショナルチーム・プログラムのヘッドコーチとして再び迎えることができて光栄だ。」と米国ソフトボール専務理事のCraig Cress氏は語った。「メンズ・ナショナル・チーム・プログラムは、Leather監督やアメリカ国内の他の個人の多大なる尽力によって、アスリートが高いレベルでプレーを続けるためにできるだけ多くの機会を提供し、アメリカ全土の選手の才能の育成に多大な貢献をしている。私たちは、2019年アメリカが再び表彰台にあがれるために、Leather 監督がチームを導いてくれることを楽しみにしている。」

アメリカ男子ソフトボール代表チームは6 月13日から 23日までチェコ共和国のプラハ とハブリーチクーフ・ブロト で開催される2019 WBSC世界男子ソフトボール選手権大会とリマで開催される2019 パンアメリカン選手権大会に参加する予定だ。