アメリカはチャイニーズタイペイを7対2で破り、三回連続U-12ベースボールワールドカップ王者に輝いた。前回王者のアメリカ、スーパーラウンドの対メキシコ戦と同じくカラントの活躍が大きく勝利に貢献し、打っては本塁打で先制リード、投げては最期の2イニングを無失点で守り切りセーブを記録した。アメリカは安打8、被安打4、失策0とベストチームであることを証明した。

.

試合序盤1、2回、両チームの投手オリビエラとチェン・ユーエンがどちらも2四球を許すのみの完璧な投球をみせた。

3回表一死、アメリカが先制。二死、一、二塁から昨日のメキシコ戦でもヒーローとなったカラントがここでも3点本塁打を放ち先制リード、さらにバラスケスの右ソロアーチでさらに1点を追加し4対0となった。

Caranto swings for the go ahead home run

4回表、アメリカは二死、一塁、オリビエラの打球は左中間へ高く飛び本塁打と思われたが、リュウ・ウィイーイがキャッチしフライアウト。

4回裏ヤン・チェンがチャイニーズタイペイの初安打、2死、一塁でパイ・チョウアンが左フェンスを大きく超えた本塁打を放ちアメリカを2点差に縮めた。

Pai home run took Chinese Taipei back into the game

5回表さらにカラントが活躍。単打を放つと、投手の牽制エラーで二塁進塁、バラスケスの二塁適時打で1点を追加した。さらに二死、一塁、三塁、バーンズの二塁への盗塁を阻止しようとした投手ハン・シュオヘンの球が悪送球となり、アメリカは難なく2点を追加し7対2まで点差を開く、その後オリビエラと交代してマウンドにあがったカラントが残り二回を投げ切りアメリカの勝利となった。

The USA are U-12 World Champions for the third time in a row

Chinese Taipei pitcher Han Shuo Heng (number 15) becomes emotional after the final. Number 11 is infielder Lui Wei I