イギリスは5 5対2でベネズエラを敗り、 WBSC世界女子選手権大会グループAの6位を確かなものにした。

イギリスが先制。先頭打者の Nerissa Myersがベネズエラ先抜投手Michelle Floydに安打、守備のエラーで進塁、2度のゴロアウトで得点した。

二死二塁、Mirian Jimenezが四球、守備エラーで3塁進塁も Chiya Louieが三塁アウトでピンチを切り抜けた。

ベネズエラは3回表にリード。Maria Soto と Yurubi Alicartが連続ヒット。Denisse Fuenmayorが三塁打で両者をホームに生還させた。Gerogina Corrick がFleming と交代、3回を終えた。

3回裏ではイギリスが四球と連打で同点に追いついた。

ショートの Sydney Brown は、4回裏にイギリスに新たにリード。シングルヒットから二盗、三盗、内野ゴロアウトで生還した。

ワンアウトの5回裏、安打と四球で走者一、二塁となり投手はAlondra Perezに交代。Brownは本塁右にフライを打ったが、ベネズエラの内野手のエラーで、ヒットとなった。ピンチ・ヒッターの Amy Moore がタイムリーを放ち、、結果4対2に持ち込んだ。

イギリスは6回裏 Kirsten Mackがダメ押しのヒット(彼女の3度目のヒット、1二塁打とタイムリー三塁打)で得点。

Jeniffer FeretはWBSC世界女子ソルトボール選手権大会の最終試合でフィリピンを相手に2対0完封勝利まであとワンストライクのところだった。右腕投手は最初の20人のバッターを連続で封じ、7回表にツーストライク、ツーアウトでArianne Vallesteroを迎えた。しかしながら、フィリピンの左翼手はストライクゾーン低めの球を捉えて二塁打を放ち、Jeniffer Feretは完封試合を逃した。

3回裏ニュージーランドがリード。一死から四球とバントでKrystaが二塁。Kignsley Averyがセンターにタイムリーを放1点を入れた。このヒットはこの試合で両チームからでた最初のヒットであった。

5回裏 Feret が一番バッターで1安打、そして Makea と Averyが連続奪安打でニュージーランドに2得点をもたらした。

この結果でニュージーランドはグループの6位となり、明日の現地時間14時にナスパ・スタジアムでベネズエラと順位決定戦を闘う。フィリピンは7位で同じ時間にゼットエーボールパークでイギリスと対戦する。