イスラエルはリトアニアを一掃し、ヨーロッパ野球選手権大会2019での出場権を獲得するまであと2試合の勝利を残すのみとなり、イスラエルはヨーロッパ/アフリカオリンピック予選大会に一歩近づいた。ヨーロッパ選手権大会の上位5チームは、9月にイタリアのボローニャとパルマで開催されるトーナメントに進む。

イスラエルは、3試合の最初の試合で12対2でリトアニアを一掃した。

リトアニアは、一回表にアメリカの28歳の独立リーグ投手で先発のJoey Wagman投手相手に3被安打を記録した。
イスラエルは三回表、コロンビア大学出身のレフト Robb Palle選手がリトアニアの先発投手Eimantas Zickusからツーランホームランを奪って優位に立った。

イスラエル代表チームはそのまま攻撃をつづけ、Pallerに続く、二塁手Mitch Glasser、センターBlake Gaillen、一塁手Simon Rosenbaum、ライトのJeremy Wolfの合計5本の本塁打を含む15安打を記録した。

.2番目の試合のGabe Cramer先発投手は, メジャーリーグの Kansas City RoyalsでA +レベルでプレーしていた剛球の右腕投手で、リトアニアにチャンスを全く与えなかった。彼は5回まで1打しか許さなかった。

イスラエルは先発投手のMarius Balandisにも容赦せず、6安打を放ち、一回の一度の守備エラーで6点を入れた。
指名打者Jake Rosenberg 、Wolf がそれぞれ本塁打を放ち、5回でイスラエルは15対0でリトアニアに圧勝した。

ヨーロッパ野球選手権大会は9月7日から15日までドイツのボンとゾーリンゲンで開催される。

公式ウェブサイト