51回目の日本ソフトボールリーグは予期もしない結果になった。世界で最も優れた二人の投手が凄まじい投手戦を見せた。世界のスーパースターモニカ・アボットと上野由岐子が優勝を賭けて8イニングを戦った。しかしながら、アメリカの左腕投手が日本のベテラン投手を破った。

トヨタ女子ソフトボール部「レッドテリアーズ」は 日本ソフトボールリーグでビックカメラ高崎BEE QUEENに延長1対0で勝利した。決勝戦は東京の明治神宮野球場で行われた。

7回までどちらも点を許さずに進んだが、8回の裏レッドテリアーズが勝利を決めた。走者二塁三塁で、 長崎望未が左翼に犠牲フライを打ち込み、試合唯一の1点で勝利を決めた。

両チームは今シーズンのベストチームであることを証明した。トヨタ自動車のレッドテリアーズは今シーズンを20勝2敗のトップシードで終えた。ビックカメラ高崎BEE QUEENは2位の19勝3敗の成績だった。

モニカ・アボットは2018 日本ソフトボールリーグのMVPに輝いた。彼女は今シーズンを無敗の12勝、防御率0.23で終えた。