9月1日、オーストラリア野球連盟とキューバ野球連盟は、2国のWBSC会員間の広範な協力を含む覚書の署名を発表した。

覚書の署名に続き、オーストラリアラテンアメリカ関係評議会(COALAR)は、両国間の強力な関係を確立するための重要な助成金を授与した。

両連盟は、定期的にナショナルチーム同士の大会を行い、オーストラリアでベースボール5を発展させるために協力する。この合意により、キューバの選手とコーチがオーストラリア野球リーグと提案されているオーストラリア女子リーグに参加できるようになる。

オーストラリア野球連盟(ABF)は、前回の ゴールドコーストで行われたSportAccord conventionconvention(スポーツアコード国際会議)で初めてベースボール5が紹介され、オーストラリア野球連盟はこの競技を採用することにした。ベースボール5は若者を引きつけやすいアクセシビリティが高いため、一般の人々や新しい世代に野球を紹介するための重要な橋渡しとなると見なされている。

ベースボール5発展におけるWBSCの長年のパートナーであるキューバは、オーストラリアでの発展振興を加速するために、必要な知識を提供し、セミナーやその他のトレーニングをオーストラリア野球連盟に提供する。

「WBSCはこの野球を促進するための幅の広い戦略的提携を歓迎し、野球、各リーグはもとより、オーストラリア、キューバの若者からトップレベルに至るまでそして、野球の世界的普及促進を強化するのにに役立つことを確信しています。」と語った。

このプログラムについて、オーストラリア野球のチーフエグゼクティブであるカムヴェイル氏は、この協定は両国にとって大きな機会を提供することになるだろうと述べた。

「私たちは現在、キューバに対抗できるような通常の国際野球に一歩近づいています」「選手やコーチの育成を含むオーストラリアでベースボール5の普及にも尽力する心構えであり、新たな競技を展開することはとても重要です。」