オーストラリアが1点を追う2回表で4点を入れて逆転し、その後継投で日本の打線を封じてオーストラリアが日本に4-1で勝利した。先発Brendan Bidois は3イニング投球3安打、リリーフJack Leeはアウト4つ、Kieren Hallが最後のアウト2つをとったが、最後のストライクで日本の同点チャンスを封じた。オーストラリアは3位決定戦に進み、日本は敗退が決まった。

Pitchers led Australia to the bronze medal game

Brandan Bidois pitched 7 strong innings for Australia

試合のはじめ、Brandan Bidois は制球に苦労する。1回裏、一死で武岡龍世が死球、韮沢雄也がベースヒット、暴投で進塁すると、日本がゴロアウトで先制の1点を入れた。

Bidoisは7イニング投球したが、その後打たれたのはわずか2安打のみだった。

オーストラリアに2回表で3点リードされ、日本の先発投手浅田将汰は苦しい立場に立たされた。Byron Armstrong がシングルヒットで出塁すると、さらに Jake Burnsのシングルヒットで三進し、 Liam MC Donaldのタイムリーで1対1の同点。さらに浅田の四球満塁から Travis Bazzanaのタイムリーで勝ち越すと、日本は前佑囲斗に投手交代。しかし失策でオーストラリアにさらに2点を許した。

8回裏、Jack LeeがBidoisに代わり登板するが、9回裏2四球を出して Kieren Hallと交代した。

 Kieren Hallgは横山陽樹をライトフライに仕留め、遠藤成を変化球で三振に倒し、試合が終了した。