接戦の後、オーストラリアはカナダを7-6で破った。今大会3回目の勝利は、オーストラリアにとってスーパーラウンド進出だけでなく、好成績を意味する。オーストラリアはグループ試合でニカラグアとオランダに負けたが、カナダと韓国を破った。

.オーストラリアはAntoine Jeanから素早くリードを取り、一回で相手の守備エラーをを最大限に活用し、3回にセンターの Roland SkeptonとキャッチャーのChristopher Burkの二塁打で得点を記録した。

カナダはオーストラリアの先発投手William Sherriffを5回の裏でとらえた。レフトのCésar Valero Sanche と二塁手の Elijha Hammillの連続二安打で試合を同点にし、 Micah Mc Dowell がライトにをホームランを放ち、カナダに2点リードを贈った。

オーストラリアのショートByron Armstrongの一打で、6回表に試合が逆転した。彼は、リリーフ投手Elias Saul 相手に満塁で二塁打を放ち逆転した。

オーストラリアは、8回表でConnor O’Halloranに対し2点の安全点を入れリードを広げたが、カナダの反撃は終わっていなかった。 Valero Sanchezと一塁手Noah Hullは、8回裏ツーアウトで一塁打、ショートのAustin Gommは、ベースを空にする二塁打でジェームズ・モーガンを捕え、一点差の勝利をあげた。

カナダは、センターのDasan Brownの完璧な本塁への送球のおかげでゲームに残った。彼はJaylin Raeをアウトにし、得点を阻止し、勝利の可能性を獲得した。

Jack Lee は2死、ランナーなしでマウンドに立った。三塁手Tyrell Schofield Samは、一塁打を打ち、相手の守備ミスで三塁に進塁した。Owen Diodatiがフライを浅いセンターに送ったときに、試合終了となった。

オランダは中国を10-6で破り、オーストラリアやカナダと同じ3勝2敗で終了した。しかしながら、チームクオリティーバランス(TQB)で、グループAでは4位になった。

オランダは最初からそれを明確に示した。二回裏、彼らはライトのMax Kopsの満塁三塁打で中国の先発投手Zhang Yifeiを捕え、Gio De Graauw投手の登板に快適なリードを与えた

中国は、5対1を引きずって6回を迎え、守備ミスを利用し、代打の Wang Shuaiが一塁打2本を放ち、1点を加え、 De Graauwを降板させた。

中国は、5対1を引きずって6回を迎え、守備ミスを利用し、代打の Wang Shuaiが一塁打2本を放ち、1点を加え、 De Graauwを降板させた。

Naut Kragtは危機を止め、二度と得点を許さなかった。