本日モンテリアで7位から12位のプレイスラウンドが終了した。オーストラリアが南アフリカを倒し、プエルトリコがオランダに勝利して8位を獲得した。モンテリア・コロンビア第二回U-23ベースボールワールドカップの最後の試合では、コロンビアがチェコを破った。

 南アフリカ 4対9 オーストラリア

オーストラリアは今朝 第二回U23ベースボールワールドカップで南アフリカに9対4で勝利し、3勝2敗の記録で世界ランキング7位でプレイスラウンドを終了した。

南アフリカは試合前半ロバート・エバーゾンのシングルとブレントン・フォールズの犠牲フライでリードした。

しかしながら2回裏、ジョーダン・マッカードルのツーランホームランでオーストラリアが同点に追いついた。これはトーナメントの3度目のホームランだった。

4 回裏、オーストラリアはJack Barrieの本塁打を含む3点を追加し、7回にはUlrich Bojarskiのスリーランホームラン含む4得点を入れた。これはライトのUlrich Bojarskiの4回目の本塁打で、現在までのトーナメントで最多本塁打数4本で個人成績首位についている。

南アフリカは守備ミスで7回表に差をつけられ、9回のTlou Ngoepeの犠牲フライがアフリカチームの競技最後の得点となった。

Christopher Horneが (5 IP, 4 H, 2 R, 1 BB, 2 K)で勝ち投手、 Enricé Mortonが負け投手。

 オランダ 3対11 プエルトリコ

プエルトリコはU-23べースボールワールドカップ最後の試合でオランダを負かし、この結果8位で U-23ベースボールワールドカップを終了した。

オランダの指名打者Ruar Verkerkは、1 回表ライトへのスリーランホームランで得点、オランダを先攻させた。 Francinel Martina と Sherten Apostelは 連続単打で塁に出ると、走者一、二塁でVerkerkが本塁打を放ち3点を入れ,先発投手のJoe Alsinaに対応した。これは、Alsina投手が6回のイニングで許した唯一の3点だった。奪5三振、被8安打で右腕投手が勝利投手。

プエルトリコ側では、IsanDíazがすぐに取り返した。2本のボールと1本のストライクを見送った後、彼はボールを振り、右のフィールドフェンスに送り、3-1とした。

Isan Diaz homered in his first at bat

2回後のイニング、3回裏に、Emmanuel Rivera からの単打とGabriel Cancelによる野選で同点に追いついた。また、5回にプエルトリコはDiazの2度目のホームランと Jay Felicianoのツーランホームランを含めて6点を入れ、勝利への余裕を獲得した。

8回にプエルトリコは今大会最後の2点をJosé Layer の単打とのRiveraのローリングで獲得した。

Misja Harcksenが4イニング登板中、6失点9被安打、4奪三振と1四球で負け投手となった。

チェコ共和国 2対12コロンビア

コロンビアはモンテリアで3連勝し、U-23 Baseball World Cupを終了した。最後の試合では8回でチェコを12対2で下した。

ヨーロッパチームが試合中に合計6つの守備エラーをした一方、開催国チームは15安打を記録、容易に勝利した。2回と5回の間にコロンビアは10点を入れ圧勝。

チェコ共和国の唯一の2点は6回に得点されたが、2イニング後にコロンビアが勝利に必要な2点を追加し、試合が終了した。

モンテリアで行われたワールドカップの最後は、チェコのチームの守備ミスで終わった。

順位