WBSCソフトボールオリンピック アジアオセアニア予選を控え、2019 年はオーストラリア女子ソフトボール代表チーム(名称はトラベロッジ・オージースピリット)にとって東京オリンピック2020進出をかけるきわめて重要な年だ。このアジアオセアニア予選がオーストラリアにとって唯一のオリンピック出場獲得チャンスとなる。過去オリンピックで4回の金メダル記録を持つオーストラリア女子ソフトボールは、「オージーペッパーズ(Aussie Peppers of Minnesota)」の名でチームを編成し、ミネソタ・ノースマンカートでアメリカ国内ソフトボールプロリーグ「ナショナル・プロ・ファストピッチ(NPF)」の2シーズン目を迎える。

「NPF」で2018年にオージー・スピリットの名でデビューしたオージー・ペッパーズチームは豪州代表チーム「トラベロッジ・オージー・スピリット」の選手から編成される。2018年に同チームはリーグで16勝32敗を記録し、レギュラーシーズン3位に入った。

オージーペッパーズは Beijing Shougang Eagles(中国ソフトボール協会)、カナダのワイルド・サザンイリノイス(カナダソフトボール)、シカゴ・バンディッツ、クリーブランド・コメッツ、USSSAフロリダプライドとともに2019年NPFシーズンにプレーする。オーストラリア、中国、カナダの3チームはそれぞれ各国の代表チームから編成したチームで、ソフトボールのレベル向上と国際舞台での経験を積めるようWBSCが承認して実現した。

トラベロッジ・オージー・スピリットは2019年に行われるWBSCソフトボールオリンピックアジアオセアニア予選に勝利し2020東京オリンピックの出場を狙う。重要な年となる今年2019年はWBSC公認アジアパシフィックカップ(1月31日~2月3日ブラックタウン・インターナショナル・スポーツパーク in シドニー)も自国で開催する。