ソフトボール・オーストラリア連盟(Softball Australia)が2月4日から6日にシドニーのブラックタウン国際スポーツパークにて画期的なソフトボール大会「サマースラム女子ソフトボール大会(The Summer Slam – Fully Loaded Softball)」を開催することを発表した。6つのプロチームが参加するこの大会はFOX SPORTS オーストラリアでプライムタイムに放送される。このニュースはオーストラリアのテレビや新聞で大きく取り上げられた。

この「サマースラム女子ソフトボール大会(Summer Slam – Fully Loaded Softball )」の試合は、通常より試合時間が短く、攻守交替の無駄な時間も極力省き、より活動的で、点数が多く入るような仕組みとなっており、試合開始の第1球目から緊迫したムードとなるように考えられている。

中でも最も新しい点としては、試合が3イニングで終了すること、攻守交替の投球ウォーミングアップも行わないこと、各イニング走者が塁にいる状態からスタートすることだ。さらにホームランフェンスまでの距離も通常より短く得点が入りやすくなっている。

またソフトボール・オーストラリアはこの「サマースラム女子ソフトボール大会( Summer Slam – Fully Loaded Softbal)」についてFOX SPORTSオーストラリアと放送協定を結んだことも発表した。大会期間中毎日午後5時から10時(AEDT‐東部標準時間)のプライムタイムに生中継される予定だ。

「このサマー・スラムにより新たなオーストラリアのソフトボールの歴史が生まれます。2000年にオリンピックが行われたこのブラックタウン国際ボールパークで、ファンや観客にすばらしい試合を提供するだけでなく、優秀な選手たちにとってもすばらしい経験となるでしょう」とソフトボール・オーストラリアCEOのDavid Pryles氏はコメントした。

「2000年にはブラックタウン国際ボールパークで大会でオリンピックソフトボール競技が行われ大いに盛り上がりました。このサマースラム女子ソフトボール大会も新たな観客を惹きつけるでしょう」と加えた。

この女子選手を対象とした大会はオーストラリアのトップクラスのソフトボール選手から構成される6チームが出場する。世界トップランク上位12位の国からも何人か国際的な選手が参加する予定だ。

「サマースラム女子ソフトボール大会(The Summer Slam – Fully Loaded Softbal)」は アジア・パシフィックカップ(同じくブラックタウン国際ボールパークにて開催)終了直後に行われる予定。2019年1月末から2月初めにかけてソフトボール大会観戦のために多くのファンがシドニーに訪れることになりそうだ。