【シドニー】オーストラリアの女子代表チーム・通称「エメラルズ」にWBSC女子野球ワールドカップ2020へ向け新たな監督が就任した。

オーストラリア野球連盟(Baseball Australia)が新たに任命したのはJason Pospishil監督。オーストラリア野球リーグのシドニーブルーソックスやユース代表チームの監督を務めたほか、ミネソタツインズでコーチを務めたこともある。

「代表チームを率いることは大変な責任を負うことだと思うが、その期待に答えられるよう最善を尽くしたい。女子スポーツにとって今がもっとも盛り上がっている時だと思う」とコメントした。

オーストラリアは、現在世界ランク6位。2018女子野球ワールドカップでは7位に終わった。

Pospishil 監督は前任のSimone Wearne氏から代表チームを引き継ぐ。