カナダ野球連盟(Baseball Canada)は31名の選手を対象に U-18 代表チーム春合宿を開始した。この春キャンプはアメリカ、フロリダ州のセント・ピータズバーグにある Walter Fuller Complex にて3月7日(木)より始まった。合宿中にはバルチモア・オリオールズ、デトロイト・タイガース、ニューヨーク・ヤンキース、フィラデルフィア・フィリーズ、タンパ・ベイレイズ、トロント・ブルージェイなどのメジャーリーグ (MLB)のマイナーチームとの8試合が予定されている。

合宿最終日の3月23日(土)には U-18 カナダ代表チームは同じくフロリダ州のダニーデンへ移動し、MLBで唯一のカナダ球団トロント・ブルージェイズと対戦する。この試合はカナダ野球連盟とブルージェイズの提携により実現したもので、今後8年間行われる予定だ。試合の模様はカナダのラジオで中継される。

31名のうち28名は昨年10月の秋教育リーグ合宿にも選抜された選手 で、さらに8選手は(野手 Dasan Brown、捕手 Owen Diodati、投手Antoine Jean、 Theo Millas、 Connor O’Halloran、 Keegan Pulford Thorpe、内野手 TJ Schofield-Sam, Cesar Valero)でU-18 パンアメリカン選手権大会 2018に出場し3位に入賞した。今回はじめて選出された3名は内野手Elijah Hammill、捕手Ryan Leitchと投手Simon Lusignan。

選手リスト一覧

監督はGreg Hamilton氏。殿堂入り選手で2度の世界シリーズチャンピオンにも輝いたRoberto Alomar氏 がゲストコーチとしてスタッフに加わる。そのほかのスタッフは元代表選手およびプロ選手のChris Begg氏、 TJ Burton氏、 Pete Orr氏 、Rene Tosoni氏、Robert Fatal氏。

代表チームの合宿は計4回予定されており、今回の春合宿が第一回目、その後カナダ代表チームは今年8月30日から9月8日に韓国の機帳で開催のWBSC U-18 野球ワールドカップに出場する。