カナダソフトボール連盟(Softball Canada)は、2019 WBSCアメリカ大陸U17 女子予選と2020 WBSC U18 ソフトボール女子ワールドカップがある2019‐2020年度の代表チームコーチングスタッフを発表した。

8月に行われる2019 U18 女子ワールドカップ(カリフォルニア州アーバイン)は現在のコーチングスタッフがそのままサポート。ヘッドコーチのキース・マッキントッシュ氏とアシスタントのティファニー・ジョーダン氏は2019 U18 女子ワールドカップの後も代表コーチリストに残る。

2018‐2019年にアシスタントコーチを務めていたMelissa Finley氏がヘッドコーチとなる。Finleyは2017年カナダ女子チームのヘッドコーチ、2018年には同チームのアシスタントコーチを務めた。また同氏はプリンストンでNCAAソフトボールをプレーし(2002年~2005年)、カナダ女子代表チームプログラム(2003年~2005年)に参加、2003年パンアメリカン競技大会では銀メダルを獲得した。

Trevor Ethier 氏はアシスタントコーチとして代表チームに参加するのはこれで3回目、同氏は2017年にチームの4位入賞に貢献し、2019 WBSC ワールドカップではアシスタントコーチをつとめている。

Daniel Joly氏は2016年12月に女子代表チームコーチングリスト入りを果たしてジュニア女子代表チームのコーチングスタッフになり、2017年にはカナダトップチームのアシスタントコーチも務めた。これまで女子およびジュニア女子代表チーム選出キャンプなどににゲストコーチとしても参加している。Chris Jones氏は2018年にカナダ女子トップチームのアシスタントコーチを務めた経験があるが、ジュニア女子代表チームへの参加はこれが初めて。

カナダソフトボール連盟は今月初め、2019/2020年間のジュニア女子代表チーム選出キャンプをオンタリオとブリティッシュコロンビアで開催した。3回目のトライアウトは7月3日にサスカトゥーンで行う。2019年予選選出基準として、コーチングスタッフはU16 、U19カナダ選手権大会などさまざまな大会でスカウトを行う予定だ。WBSCアメリカ大陸予選に出場する最終メンバーは8月31日まで選出される予定。