5月25日はカナダ野球にとって記念すべき特別な日となった。 U-18 野球代表チーム出身でMLBのサンディエゴ・パドレスの2名の選手が今日のトロント・ブルージェイズとの試合でMLBで初記録を出した。

先発の カル・クゥアントリル はMLBで初めての勝利を獲得。6イニング投球2安打(どちらも本塁打)、3失点、9奪三振の成績を残した。

カル・クゥアントリルは1995年生まれ、2016年のドラフト1巡目でパドレスと契約し、2019年シーズンには3試合に出場した。その前にはトリプルAのエルパソで7試合出場した。

カル・クゥアントリルは2012年WBSC U-18 野球ワールドカップでカナダの銀メダル獲得に貢献した。

ジョシュ・ネイラーは右野手を務め、初のヒットを記録。19対4で勝利したパドレスに3安打2点で貢献した。

ネイラーは1997年生まれ、つい1日前にMLBデビューを果たしたばかりだ

ネイラーは2012年大会で銀メダルを獲得したほか、 U-18 野球ワールドカップにはそのほか2013年と2015年にも出場した。