10月1日(火)首都ハバナのAdolfo Luque Hall of the Latino Americanoスタジアムで行われた記者会見で、キューバはWBSCプレミア12に出場する37名の暫定メンバーを発表した。

ベテランスラッガーのアルフレド・デスパイネが今回もロースターのトップスターとなりそうだ。デスパイネは日本プロ野球(NPB)の福岡ソフトバンクで活躍している。また投手リバン・モイネロ、内野手ジュリスベル・グラシアル、野手オスカー・ルイス・コラスも福岡ソフトバンクでプレーしている。またクローザーのライデル・マルティネスは同じくNPBの中日ドラゴンズに所属。

キューバの頼りはオリンピック金メダリストでキューバのナショナルシリーズでトップ打者の一人Fréderich Cépedaだ。

37名の代表メンバーは以下の通り。

捕手 (3) Ariel Martínez, Yunior Ibarra, Yosvani Alarcón

内野手 (9) William Saavedra, Yordanis Samón, Raúl González, Alexander Ayala, César Prieto, Yurisbel Gracial, Pavel Quesada, Yordan Manduley, Erisbel Arruebarrena

外野手(8) Alfredo Despaigne, Yoelkis Guibert, Roel Santos, Oscar Luis Colás, Frederich Cepeda, Geisel Cepeda, Yusniel Ibáñez, Jorge Luis Peña

関連記事: Miguel Borroto氏がキューバを指揮