Photo: Barranquilla 2018

5月31日(木)、コロンビアのバラキージャに新しく建設されたエドガー・レンテリア・ナショナルベースボールスタジアム( Edgar Renteria National Baseball Stadium)にてこけら落としとしてWBSC公認の強化試合が行われる。

メディアや野球関係者などはこの1万2000席収容可能なコロンビアの新スタジアムを南アメリカ最良の野球場とし「 a hit for local baseball(地元野球の成功(ヒット)まちがいなしという意味)」と呼んでいる。新スタジアムはまた2018年中央アメリカ・カリブ海競技大会のメイン会場となるという。

完成されたばかりのこのスタジアムの名前はコロンビア出身のビッグリーガーの名にちなんで命名された。現地時間6時よりドミニカ共和国とプエルトリコの男子ナショナル野球チームが試合を行う。
この試合は4チームが競う国際親善大会の開幕戦で、試合結果はWBSC野球世界ランキングに加算される。
開催国のコロンビアは南アメリカ大陸の宿敵ベネズエラと対戦する。
ラウンドロビン総当たり戦を行ったと、上位2チームが6月3日(日)午後4時より決勝を行う。