コンチネンタルインストラクターのための初のWBSCベースボール5ワークショップが本日キューバのハバナで始まる。このプログラムは、WBSC 大陸連盟 と密接に協力して、若者に焦点をあわせた都会型Baseball 5の開発をさらに発展推進させるため、大陸の専門家を育成することを目的としている。

参加者は14名で、彼らは、大陸連盟によってWBSCに紹介されたより多くの候補者の中から選ばれた。応募者は、アルゼンチン、オーストラリア、ブルガリア、中国、フランス、ガーナ、イタリア、日本、リトアニア、メキシコ、ニュージーランド、タイ、チュニジア、そしてアメリカ合衆国から集まった。最終選出はWBSC監督委員会によって審査され、最終的な招待状が送られる前にWBSCベースボール5委員会に提出された。

3日間のワークショップは、WBSC役員、キューバ野球連盟およびWBSCコーチ委員会の代表者によって開催され、参加者にベースボール5プロジェクトの完全な知識を教えることを目的としている。

ワークショップは、ゲームのルールと基本的なブランディングの概要に関する授業から始まり、その後、技術的技能と競技戦略に関する実地練習に移る。

コンチネンタルインストラクターのためのWBSCベースボール5ワークショップは、2018年夏に開始されたベースボール5グローバルコーチングプログラムに続くもので、WBSCの世界的発展戦略の一部であり、今後10年以内に野球ソフトボール人口を10億人に拡大することを目指している。

.ベースボール5はスポーツを身近にかんじさせることができるを高める競技だ。近日中に開催されるべースボール5国際大会開催の発表は、新しい都会型競技をさらに身近なものにすることになるだろう。

WBSCのリッカルド・フラッカーリ会長は「これは私たちのスポーツのグローバル化にとって重要なステップだ。このプログラムにより、私たちはベースボール 5の発展推進するだけでなく、大陸連盟もさらなる権限を持つようになる。これは私達のスポーツを更に成長させ、野球とソフトボールが確かに世界的なスポーツであることを証明するためのひとつの鍵だ。」とコメントした。

今年の初め、WBSC理事会は 幾つかの発展推進基金の分散化を承認した。この基金は現在、大陸連盟が管理している。

Baseball5 Workshop opens in Havana, Cuba

The WBSC Baseball5 Workshop aims to create experts to help Continental Confederations boost development