【オーストラリア・ゴールドコースト】世界野球ソフトボール連盟(WBSC)はオーストラリア野球連盟(Baseball Australia)とともに、スポーツアコードが開催するゴールドコースト・スポーツフェスティバル2019で若者にアピールするアーバン型競技、ベースボール5を紹介した。
昨日の5月9日にはオーストラリア野球連盟の若い選手たちが試合を披露し、フェイスティバル会場を訪れた人々の目を惹きつけた。ベースボール5の魅力的な試合に加え、アナウンサーの声、軽快な音楽、会場の装飾などすべてがマッチしてすばらしい雰囲気を生み出し、フェスティバルのスポーツファンたちはこのエネルギー溢れる新競技を楽しんだ。

またその前日の5月8日夜行われた野球ソフトボール関係者や選手らが開会式にも出席した。開会式にでは若いアスリートたちも参加し、みんなでオーストラリアの有名な歌「I am Australian」を合唱した。この式にはそのほか、 GAISF の Raffaele Chiulli会長、ASOIFのFrancesco Ricci Bitti会長、潘 基文(パン・ギムン)元国連事務総長も出席。潘 基文(パン・ギムン)元国連事務総長はベースボール5のボールに喜んでサインをしてくれた。

潘 基文(パン・ギムン)元国連事務総長は開会のあいさつで「スポーツには人々を変える強い力があると信じています。スポーツを通して数多くのことをわれわれは達成できるでしょう。そしてわれわれはみな、差別なくスポーツ参加が可能でなければなりません」と語った。

 

今日WBSCとオーストラリア野球連盟は同フェスティバルで学校の先生や生徒を対象にベースボール5を紹介する。今後はベースボール5の競技スペースを設置し、WBSCベースボール5の専門家を育てるセミナーなども行っていく予定だ。