【プラハ・チェコ共和国】中央ヨーロッパの野球大国チェコは、2019年U-23欧州野球選手権の決勝でドイツを4-1で破った。

ベルギー、クロアチア、チェコ共和国、フランス、ドイツ、イギリス、オランダ、ウクライナなど、ヨーロッパの8か国がヨーロッパ選手権大会で戦った。プラハで行われた試合は、世界野球ソフトボール連盟(WBSC)の新ルール7回制が導入された。

チェコ共和国は自国で無敗を守り、準決勝でフランスと10対9で勝利した。チェコの強打者マーティン・ムジクは、トーナメントの最優秀選手(MVP)に選ばれた。

U-23カテゴリーのヨーロッパ大会優勝国と準優勝国のチェコとドイツは、12か国の  WBSC U-23野球ワールドカップメキシコ2020に出場する。

3位決定戦でベルギーはフランスを2対0で下した。 

ヨーロッパでトップ級のチームであり、前U-23ヨーロッパ大会優勝国オランダは5位に終わった。

最終順位

  • 1位 チェコ共和国
  • 2位 ドイツ
  • 3位 ベルギー
  • 4位 フランス
  • 5位 イギリス
  • 6位 オランダ
  • 7位 ウクライナ
  • 8位 クロアチア

 

大陸選手権/ワールドカップ予選出場権を獲得した国々は、最終順位に基づいてWBSC野球世界ランキングのポイントを獲得する。

全試合の結果と個人成績は https://www.baseballstats.eu/2019/prague/schedule.phpで見る事が出来る。