The Warriorsは第三回台湾プロソフトボールリーグで最終のシリーズ7戦目 、4対 2でイーグルスを敗り、初の優勝を手にした。チェコ共和国の投手 Veronika Peckovaはシリーズ後半に輝く活躍をし、完投した。

両チームはシリーズ2勝2敗の成績で台中萬壽棒球場に会場を移し、残りの3試合に突入した。

イーグルスは今日の最初の試合を延長9回、4対2で勝ち、シリーズで3勝2敗のリードを果たした。しかしながら、第6戦でthe Warriorsが9対5の勝利しまたもや3勝3敗に並んだ。

最終戦では、Peckovaが登板し、試合を完投し、the Warriorsを4対2の勝利に導いた。

イーグルスは2回裏、1対0でリードした。しかし、その後the Warriorsが3回裏に3点を入れ逆転、Ching-Ping Shihのツーアウトのタイムリーヒット2本で同点に返し、 Yi Suが2点を入れリードを巻き返した。4回表Warriorsがライトにタイムリーヒットを打ち込んで1点を加えた。

6回表 イーグルスはPeckovaの続けての暴投で打者を歩るかせたが、7回にチェコの右腕投手は続けて2三振を奪い、チームを優勝に導いた。 Peckovaは111投を投げ、3ヒットを許しただけで、完投し、勝利投手となった。

今大会は台湾の第三回のソフトボールリーグだった。 台湾女子プロソフトボールリーグ、2016年に発足 当時は4チームが出場した。

The Warriorsが台湾女子プロソフトボールリーグで初優勝した。