チャイニーズタイペイは相手打線を無安打に抑えるというChing-Yu Chenの素晴らしい活躍により、オランダに5回9-0で勝ち、スーパーラウンドへの座を確保した。アジア打線は4度の攻撃回全てで複数得点を挙げた。

チャイニーズタイペイの攻撃はAn-Hsin Chenのタイムリーツーベース、Chia-Hsuan Linのタイムリーヒットを含む4連続安打で幕を開け、早々に2-0とリードする。Yindi Beekveldt右翼手の正確な返球によりChenがホームで刺されたのがゲームの最初のアウトとなった。

次のイニングでアジアンチームは更に3点を追加しリードを広げる。Yu-HsinとChia-Yun Changのバントヒットに始まり、An-Hsin Chenがタイムリー2点打を放った。

3回裏、Ting-En ChiangがシングルヒットでYu-Hsin Wuを返し、その後An-Hsin Chenがピッチャーゴロで自身の4打点目を挙げた。この試合最後の2点は守備のエラーによるものだった。

Ching-Yu Chenは5回を投げて3三振を奪い、許した走者は四球で出した一人のみだった。

チャイニーズタイペイはスーパーラウンドへ駒を進め、世界王者のタイトルを賭けて戦う。

メキシコはボツワナに12-0で勝ってグループCの2位を確保しスーパーラウンド進出を決めた。Yeraldine CarrionとYanina Treviñoの継投で、対戦した12人の打者から9つの三振を奪うなど4回をパーフェクトに抑えた。

Madelyn RuffinとKayla Inzunzaがそれぞれ3打点を挙げた。