チャイニーズタイペイオリンピック委員会が例年開催される国際スポーツトレーニングセミナーでWBSCが基調講演の招聘を受け、WBSCのロー・ベンチュウ事務総長が、250人の参加者を前に世界野球ソフトボール連盟がオリンピックへ復帰するまでの道のりについて語った。

ロー・ベンチュウ事務局長はその後、国立台湾体育運動大学を訪れ、150人の学生たちにもWBSCのこれまでの歴史についても講演した。

今回の滞在中、WBSC事務局長は大学のスポーツ博物館を訪れる機会も得た。国際競技大会に出場したチャイニーズタイペイの代表選手全てがこの博物館で展示紹介されている。

beng Choo Low represented WBSC in Chinese Taipei

Beng Choo Low poses with students

ロー・ベンチュウ事務局長は最後にアジア野球連盟のTom Peng会長、中華民国野球協会のChris Dayゼネラルマネージャーとも会い、アジアにおけるベースボール5の振興発展や、中国杭州で行われるアジア競技大会2020の野球・ソフトボール大会の開催などについて話し合った。