The International Authority of Baseball & Softball.

【台湾・台中】 Lamigoモンキーズが4勝1敗で中信兄弟を下し、CPBL台湾シリーズ2017年の王者に輝いた。モンキーズの優勝はこれで5回目、この4年で3回目の優勝を果たした。

モンキーズはペナントレースでは78勝で断然首位でファイナルシリーズに進出しアドバンテージ1でスタート。第1試合では中信兄弟がモンキーズのホーム球場(桃園、動員数1万9489人)8対5でモンキーズを下し1勝した。

しかし 第2試合ではLamigoモンキーズが14対5で中信兄弟に圧勝(桃園、観客動員数1万7192人)、台中で行われた第3試合も19対3と快勝した(観客動員数9404人)。

モンキーズの勝利が決定したのは第4試合(観客1万282人)。先発Wang I ChengはChang Chih Haoに2本の本塁打を打たれたものの好投を見せ4対2で勝利し優勝が決まった。

 

2006年 U-18 ベースボールワールドカップに出場し、その後MLBのクリーブランド・インディアンズに入団したベテラン選手Chen Chun Hsiuは驚愕の打率 .714 、8得点、打点4の成績で見事MVPに選ばれた。