The International Authority of Baseball & Softball.

アジアウィンターベースボール5位決定戦は、NPBウェスタン選抜が試合序盤で先発ペレス(ドミニカ共和国)から2点を奪ってWBSC混成チームを2対1でくだした。WBSC混成チームは6位におわった。

WBSC混成チームは7回に満塁無死の得点チャンスを作るが、ビンセント・ルポのライナーはファール、その後ストライクアウトで得点につながらず。WBSC混成チームは犠飛フライからの1得点のみで終わった。

9回に再び訪れた満塁のチャンス、ニック・ベネデット(ベネズエラ)のゴロアウトで試合が終了した。

「しっかりと戦い、これから強くなる可能性も見せられた。先発メンバーだった捕手のジャック・マーフィーと投手のローレンス、ベッカー、クズマール、ビールの4人を失うことになったのは残念だったが、われわれはベストを尽くしたと思う」とダウリアコーチはコメントした。

ハンセン監督は「すばらしい経験だった。アジア人投手の投球を経験できたこともすばらしいことだし、アジア人打者たちにとっても特に1年のこの時期にちがったスタイルの野球を経験できることはすばらしいことだと思う。」

ハンセン監督はCPBL選抜がこの大会中でいちばんおおきく成長したチームだと思うと述べた。

NPBイースタン選抜はKBO選抜を4対1で下し優勝に輝いた。

NPBイースタン選抜は準決勝で、JABAを2対0で下し3位となった。

KBO選抜はCPBLを5対2で破り決勝進出を決めた。

JABA選抜はCPBLを4対3でくだし3位を獲得した。

NPBイースタンがアジアウィンターベースボールリーグ 2017優勝Richard Wang contributed to this article

関連記事: TEAM WBSC DEBUTS TEAM WBSC FIRST WIN TEAM WBSC AFTER 4 GAMES TEAM WBSC SECOND WIN TEAM WBSC: KEY GAMES ARE COMING THIRD WIN NOT ENOUGH FOR TEAM WBSC TEAM WBSC WILL PLAY FOR 5th PLACE