The International Authority of Baseball & Softball.

日本プロ野球(NPB)と侍ジャパンの二刀流(投手と強打者)スーパースター大谷将翔平が2018年シーズンはアメリカメジャーリーグ(MLB)移籍への意向を固めたと思われ、エージェントとして「Creative Artists Agency (CAA)」のナジ・バレロ氏と契約したという。ロサンゼルスタイムズでダイラン・ヘルナンデス記者がそのほかの選手の例とともに報じた。

バレロ氏は国際的に野球界で知られた人物。シアトル・マリナーズのファーム(ダブルA最高レベル)でプロとしてプレーし、その後イタリア野球リーグに移籍。1989年から1990年の2シーズン、イタリアのノヴァーラで遊撃手として数々の記録をだした。

 

バレロ氏が大谷のために交渉を始める前に、MLB、MLBPA(選手協会)とNPBが話し合い、MPBからMLB移籍を希望する選手のための新ポスティングシステムを決めなければならない。

大谷翔平は10代のころから国際舞台で活躍してきた。2012年U-18ワールドカップに出場し、2015年のプレミア12ではオールワールドチーム(ベストナイン)に選ばれている。