The International Authority of Baseball & Softball.

チャイニーズタイペイ(4勝0敗)はオランダ(3勝1敗)を下し、U-18 ベースボールワールドカップ2017で7位を獲得した。

メキシコ(2勝2敗)はイタリア(2勝2敗)に勝利、ニカラグア(1勝3敗)は南アフリカ(0勝4敗)に完勝した。

ニカラグア対メキシコ戦とイタリア対オランダ戦で8位から11位を決定。南アフリカはすでに12位が決定している。

 

チャイニーズタイペイは4対1でオランダを下し今大会最終順位7位を確定した。

オランダチームは4回裏 Enrique Hatmaが本塁打を放ち先制打。5回表 Li Yu Chuanが初球を捉え本塁打を放ち同点に追いつく。守備エラーがつづきさらに一点を追加。オランダはこの日エラー5だった。

チャイニーズタイペイはそのままオランダを引き離し、8回表、単打、バント、ゴロアウトで3塁まで進塁すると Tai Pei Lin指名打者 のタイムリーで4点目をあげた。

勝利投手はWu SHi Hao 、 Chu Yi Shengと Chen Bo Haoが最後の2イニングを抑えた。

Winning pitcher Liu Chih Liung and catcher Chih Ling Liu /James Mirabelli-WBSC)

メキシコはイタリアを5対4で下した。Miguel Sanchezは二死からサヨナラ打を放って勝利した。メキシコのリリーフJose Palafoxは4イニング無失点で勝利投手。メキシコは安打数11本(イタリア7本)、エラー数2(イタリアは3)とイタリアを大きくしのぎ、コンソレーションラウンドでの通算成績2勝2敗に並んだ。

イタリアは Seminatiの2点タイムリーで先制したが、守備エラーに悩まされた。メキシコが得点した5点のうち投手陣2名による失点は2点のみだった。7回メキシコが同点においついたときもイタリアの守備エラーが原因だった。

Mexico celebrate their win against Italy (James Mirabelli-WBSC)

ニカラグアは南アフリカを8回11対1でくだし、コンソレーションラウンドでは1勝3敗の成績となった。これで0敗成績は南アフリカのみとなった。

ニカラグアは2回Valdezの二塁打、Castilloの犠飛からの守備エラーを利用して先制点を入れた。

その後8回裏一気に6点を入れコールド勝利を果たした。JEffi Silvaが8イニング13奪三振で勝利選手となった。
.

Loasiga defends third base for Nicaragua against South Africa outfielder Booyens