【イタリア・ネットゥーノ 】世界ランキング22位のドイツと16位のイタリアは、WBSC U-15野球ワールドカップ2020の出場権を得た最初の代表チームだ。

これまでのところトーナメントで4連勝のドイツは、5イニング、13対2でチェコ共和国に勝利した。

Moritz Van Bergen投手が4.2回で2ヒットだけを許した一方、Elie Musoni 奪三振で最後のアウトを取った。
ドイツチームのラインナップは11ヒット、三塁手 Hmandtが3打数3安打、レフトのHarrisonは3打数2安打。

イタリアはオランダを5-3で破った。イタリアはグループ戦の予選リーグの大半は苦戦し、1勝2敗の成績だったが、ロシア、フランスと同成績に並んだため、TQB(チームクオリティバランス)のおかげで準決勝へ進出できた。

準決勝は、1000人以上のファンの前で戦われ、オランダチームは早いリードを取った。イタリアの先発投手、Alessandro Ercolani投手が連続安打と暴投でオランダにリードを取られ、オランダは二塁手Dambruckのタイムリーで点を稼いだ。
Ercolaniは6イニングを堅​​実に投げ続け、勝利を収めた。イタリアの攻撃は4つの守備エラーを最大限に利用し、特に4打席目で2つのエラーで3点を入れた。
in.Ercolaniは最優秀打者でもあり、3打数2安打を記録した。

Italy and Germany will compete for the U-15 European Title

Italy celebrates the win (FIBS)イタリアチームが勝利を祝う(FIBS)

.全大会優勝のドイツは決勝でイタリアを10対3で破り、今回もヨーロッパ優勝国となった。

オランダはチェコ共和国を3対0で破り、3位を獲得した。

結果、順位及び経過 

関連記事: U-15ヨーロッパ選手権大会発表