世界中の国際野球界が5月23日木曜日、59歳の誕生日の数日前に58歳で亡くなったヘクター・ぺレイラ氏の死を嘆いている。初期の報道では彼が心臓発作を起こしたと伝えている。

ぺレイラ氏は1960年5月27日にドミニカ共和国のラベガで生まれた。彼は商業分野で学位を取得し、ドミニカ共和国の最も経済的に弱い分野を支援する機関であるEconomic Eater(ComedoresEconómicos)で働いていた。チトーの愛称で親しまれた同氏は、優れた書き手・話し手であり、野球に彼の職業生命を野球に捧げた。2018年に彼は野球連盟(FEDOBE)会長として7年の任期を務めた。

1948.2013年ワールドベースボールクラシックでドミニカ共和国が1948年以来の優勝を果たした際、同氏がチームを育てる鍵となった。

ペレイラ氏は、2017年からパンアメリカン野球連盟(COPABE)の会長を務め、WBSC野球部門委員会のアメリカ大陸副会長を務めていた。

 

「私はヘクター・ティト・ぺレイラ氏の死にショックを受け、深く悲しんでいます。ヘクターは情熱的なアメリカ大陸の野球の指導者であり私の長年の親しい友人でした。」とリッカルド・フラッカーリWBSC会長は述べた。「彼の死は彼の故郷であるドミニカ共和国の我々のスポーツのためだけでなく、我々の目指す国際的な野球運動にとっても多大な損失です。世界野球ソフトボールの家族を代表し、私は彼の家族、友人、同僚、そして彼の死を悔やむすべての人々に私の最も深いお悔やみと祈りを送ります。」と追悼した。