ニュージーランドがアメリカに11対1に圧勝しWBSC世界男子ジュニア選手権大会二つ目の白星を挙げた。ニュージーランドは安打数も9ー2でアメリカを大きく凌いだ。ニュージーランドチームは初回7点、5回4点と大量得点。Reilly Makeaは投手としても勝利しただけでなく、打者としても本塁打2本を記録しニュージーランドの大量リードに貢献した。

アメリカは昨日に引き続きNathen Landryを先発に起用したが、Makeaの同点本塁打、Valkの二塁打、Andre Hartの三塁打と立て続けに打たれ、アウト一つでCraig Lewisと交代した。

アメリカはMakeaから2安打をだすが、その一つはJeffrey Lewisの左超え本塁打だった。アメリカ側がこの試合で挙げた唯一の得点だった。

その後Joshua KellyがMakeaに代わって登板して三振を奪うと、5回コールドで試合が終了した。

Riley Manion pitched a no hitter for Canada against Czech Republicカナダの投手Riley Manionが圧倒的な投球、無安打、15奪三振でチェコにチャンスを与えなかった。ホスト国カナダは、6回表に指名打者Hoggの2ラン本塁打などで点を引き離し、6対1で勝利した。

チェコの先発Vojtech Buchnerは力投したが、初回 Lefebvreの三塁打、2回Hoggの二塁打に加えカナダの好走塁で2失点となった。

チェコは4回裏に四球2などを絡めて1点を入れる。5回裏には二死、二塁手Oplustilがセンターに球を打ち上げカナダを脅かしたがフライアウトとなった。

カナダはニュージーランドに続き2勝0敗でグループBトップ。