ニュージーランド野球連盟のライアン・フリンCEOが辞任した。ニュージーランドヘラルドオンライン版で報道されたこのニュースはすぐほかのメディアでも取り上げられた。

ライアン・フリン氏は10年ほど前にアメリカからニュージーランドへ渡った。最初は2009年9月3か月ほどの滞在のためだったが、その後同氏はニュージーランドのWBSC野球ランキング入りに貢献したことで知られる。ニュージーランドの最高記録ランクは25位、現在は51位に入っている。

「最初は何もなかった。持っていた用具は協会の小さなガレージに入るぐらいのものだった」とライアン・フリン氏はStuff.co.nz websiteに語っていた。

また、同氏がニュージーランド初のプロ野球チーム、オークランド・トゥラータを立ち上げたこともよく知られている。トゥラータは現在 オーストラリア野球リーグに出場している。

「この10年間この国で野球を広めるためにできることはすべてやった。今は才能ある若者たちが育ってきている」とライアン・フリン氏は加えた。

理事役員の一人でSKY TVのジョン・フェレット氏が後任が決まるまでニュージーランド野球連盟のCEOについた。