【ネパール・ラガンケル、スリランカ・ディアガマ】アジアの2か国ネパールとスリランカにて2016年国内野球選手権大会が行われ、両国の王者が決定した(12月18日)。

新設したネパール野球選手権大会では、武装警察隊チームがネパール軍隊チームを14対4で破り、国内トップチームの初代王者に輝いた。

ネパールでは、新たに生まれたネパール野球・ソフトボール協会がネパール国内競技委員会やネパールオリンピック委員会のサポートで新しい国内大会を開催。

10チーム対戦、ダブルエリミネーション方式のスリランカ野球選手権大会の決勝では、オールド・ロイヤリスト野球クラブがレナビマ野球クラブを下し、2016年国内トップにのぼりつめた。

18試合からなるこの大会はスリランカ野球・ソフトボール協会が運営し、スリランカ‐日本友好野球場にて12月10日~18日まで行われた。

国際レベルでは、スリランカは現在WBSC世界ワールドランキング第54位、ネパールはまだランクデビューしていない。