The International Authority of Baseball & Softball.

【ボツワナ・ハボローネ】オリンピックメダリスト、審判員、コーチなどの4大陸7カ国より選ばれた14名がWBSC ソフトボール殿堂入りを果たした。

 

ハボローネ国際コンベンションセンター(GICC)にて開催中のWBSCソフトボール総会により、ソフトボール殿堂委員会により選出された。結果は以下の通り。

 

  • Luis Diaz Ramirez (コロンビア) – 役員
  • Burket Dorsett (バハマ) – 役員
  • Doug Chase (カナダ) – 選手
  • Diana Lucia Duarte Garcia (グアテマラ) – 選手
  • Johnny Lau Kwok Yip (香港) – 選手
  • Jarrad Martin (ニュージーランド) – 選手
  • Melanie Roche (オーストラリア) – 選手
  • Fiona Timu (ニュージーランド) – 選手
  • Natalie Ward (オーストラリア) – 選手
  • Godfrey Burnside (バハマ) – コーチ
  • Raymundo Narvaez Montalvo (コロンビア) – コーチ
  • Roberto Peralta (パナマ) – 審判員
  • Bob Leveloff (ニュージーランド) – 功績
  • Andrew J. Sherman (グアテマラ) – 功績

ニュージージーランドからは3名、オーストラリア、バハマ、コロンビア、グアテマラからそれぞれ2名がソフトボール殿堂入りした。

ソフトボールレジェンド、メラニー・ロッシュとナタリー・ワードは、ソフトボールがオリンピックの正式競技であった時代、オーストラリア代表として2004年銀メダル、1996年、2000年、2008年に銅メダルを獲得した。

「WBSCは新たに殿堂入りを果たした新メンバーのみなさまを歓迎し、新たな歴史を生み出しわれわれの競技のために貢献してくださったその連盟のみなさまに感謝します。」と新たにWBSCソフトボール部門上級副会長に選出されたトミー・バラスケス氏はコメントした。「WBSCソフトボール殿堂のメンバーは国際舞台で長年活躍しただけではなく、我々の競技のグローバル化のために献身的に捧げてきてくださったことを意味しています。レジェンドの数々を厳選したソフトボール殿堂委員会のみなさまにも感謝いたします」と加えた。

今回WBSCソフトボール殿堂入りを果たしたメンバーを加えると、これで計225名に達した。

 

1981年に創設されたソフトボール殿堂の選出は隔年ごとに行われる。