The International Authority of Baseball & Softball.

野球部門審判員エリア

野球審判員のための資料 SSK

インフィールドフライ

「インフィールドフライ」とは、走者一、二塁もしくは満塁で、無死か一死の状態で、内野手が通常の守備行為で捕球できるフェアの飛球(ライナー及びバントによる飛球を除く)のこと。投手、捕手、外野手が内野で捕球した場合も内野手と同様に扱われる。

打球がインフィールドフライであることが明らかな場合、審判員はすぐに走者の次の行動のために「インフィールドフライ」を宣告する。飛球がベースライン付近である場合は、審判員は「インフィールドフライ・イフ・フェア」を宣告する。
インフィールドフライが宣告されてもボールインプレイなので、走者は捕球されるリスクを承知で進塁できるが、普通の飛球と同じくその球が捕球されるとリタッチしてからまた進塁しなければならない。打球がファウルになれば、通常のファウルボールと同じように扱われる。
もし宣告されたインフィールドフライがだれにも触れられずにベースラインの外に落ちても、一塁、三塁に送球される前にフェアとなれば、それはインフィールドフライとなる。

注意点:

  • 内野手が通常の守備行為でとれる
  • ライナーやバントの飛球は含まれない
  • 走者が一、二塁か満塁
  • 無死か一死の時
  • 打者₋走者はアウトになる
  • いかなる野手が捕球してもよい
  • インフィールドフライが打たれても、塁上の走者のベース占有権は守られる (ボールデッド) •フォースプレイはなくなる
  • 走者にとってはどんな飛球とも同様
  • インフィールドフライ・イフ・フェア

【原注】インフィールドフライの規則において、審判員は内野手が普通の守備行為をすれば捕球できるかどうかを基準とすべきであり、芝生やベースラインなどによる境界線から判断するものではない。審判は、その球が容易に内野手によって捕球できたと判断すれば、それは外野手が捕球してもインフィールドフライと判断するものとする。インフィールドフライはアピールプレイとみなされるような要素は何もない。審判の判断が優先され、その決定は直ちに下されなければならない。

インフィールドフライの規定がコールされた時、走者は危険を承知で進塁してもよい。インフィールドフライの規定上、内野手が意図的に落球した場合、その球は5.09(a)(12) (Rule 6.05(l)の規定にかかわらずボールインプレイである。インフィールドフライの規定が優先される。インフィールドフライが宣告されたときに守備妨害(インターフェア)が発生した場合、打球がフェアかフ ァウルかが確定するまでボールインプレイの状態は続く。打球がフェアになれば、野手を妨害した走者も、打者もアウトになる。打球が捕球されてもファウルであれば、走者だけがアウトとなり、打者は打席に戻り打ち直しとなる。

ダウンロード

コリジョンルール(衝突ルール)

WBSCは、ホームベースや各塁上で捕手や内野手と不必要且つはげしく衝突してしまうことを懸念しています。この規定の意図はできる限りこうした衝突を避けられるよう走者と守備野手に促すものです。

続きを読む

キャッチ(捕球)

キャッチ(捕球)とは、野手が、野手が、インフライトの球を、手やグラブでしっかりと受け止め、かつそれを確実につかむ行為をいう。その野手の帽子、プロテクター、あるいはユニフォームのポケットまたは他の部分で受け止めた場合は捕球とはならない。また、ボールに触れると同時、あるいはその直後に、他のプレーヤーや壁と衝突したり、倒れたり、その結果落球した場合も捕球とはみなされない。

続きを読む

ストライクゾーン

「ストライクゾーン」とは、上限が打者の肩の上部とユニフォームのズボンの上部との中間点に引いた水平のライン、下限がひざ頭の下部のラインとする本塁上の空間をいう。このストライクゾーンは打者が投球を打つための姿勢によって決定されるものとする。

続きを読む