The International Authority of Baseball & Softball.

野球部門審判員エリア

野球審判員のための資料 SSK

オブストラクション(走塁妨害」

用語の定義

「オブストラクション(走塁妨害)」とは、 野手がボールを持たないとき、 あるいはボールを処理する行為をしていないときに、走者の走塁を妨げる行為である。

6.01 (h) (7.06)A項(タイプ)の走塁妨害が発生した場合、審判は「オブストラクション」を宣告するかそのシグナルを発しなければならない。

【規定6.01 (h) (オブストラクション)原注】野手が投球を捕ろうとしているか、そのボールが野手に直接向かっているか近くにあるため球を受け取るためにその位置を占めなければならない場合、その野手は「ボールを処理する行為をしている」とみなされる。野手がボールを処理する行為をしているかどうかを判断するのはすべて審判員である。野手が球を処理しようとしていたがその行為に失敗した場合、その野手はすでに「ボールを処理している」状態とはみなされない。例えば、ある野手がゴロをダイブしてとろうとしたがボールはその野手を通り越し、その野手がグランドに横たわったままになって走者の進路を遅らせた場合、走者を妨害したものとみなされる。

オブストラクションは2種類あり、通常はA項とB項と呼ばれている。オブストラクションA項は、走塁を妨害された走者に対してプレイが行われていたとき、もしくは打者₋走者が一塁に進塁するのを妨げられた場合である。

これがオブストラクションの定義だが、この規定を理解するためには、まずこの規定の中にある「ボールを保持していない」、「ボールを処理している行為」の意味を正確に理解する必要がある。

「ボールを処理している行為」の定義はなんであるか。審判はボールを処理することの真の定義を知っていなければならない。この定義は走者を妨げるに至った野手の行動の正当性を指している。であるとすれば「正当性」とはなんだろうか。それは妥当に考えておこった通常の結果のことである。たとえば、もし野手がゴロをとらえることができなくても、まだ球に届き捕れる範囲にいるならば、それはまだプレイを行っていると言えるだろう。

オブストラクションA項のよくある例としては

・打者₋走者が一塁にたどりつく前にゴロを処理しようとしている野手に走路を妨げられた

・ランダウンプレイで走者が走塁を妨げられた

・走者を妨げようとして野手がベースに送球して走者が妨害された(ピックオフプレーの企図や盗塁企図など)

  1. a) 走塁を妨げられた走者に対してプレイが行なわれているか、もしくは打者₋走者が一塁にたどり着く前に妨害された場合、それはボールデッドになり、アウトされることなく、妨害がなければ到達したと審判が判断する塁まで、すべての走者が進塁できる。

妨害された走者は妨害される前に占有していた塁より少なくとも一個進塁する。

オブストラクションの宣告により走者が進塁をゆるされて、前位の走者が塁を押し出される場合、その前位の走者はアウトされることなく進塁できる。

【例外】打者₋走者が飛球を打って一塁に触れる前に妨害されたが(A項オブストラクション)、その飛球を野手が正当に捕球した場合、プレイはオブストラクションは宣告されないままプレイは続行される。この場合、球は捕球されたので、打者₋走者が進塁できる可能性はない。

【Rule 6.01(h) 原注】走塁を妨げられた走者に対してプレイが行なわれている場合には、審判員は 「タイム」をコールするときと同じように、両手を頭上にあげてオブストラクション のシグナルをしなければならない。審判に宣告された時点でボールデッドとなる。しかし、審判員のオブストラクションの宣告 がなされる前に、野手の手を離れていたボールが悪送球となったときには、オブス トラクションが発生しなければその悪送球によって当然許されるはずの塁をその 走者に与えられるべきである。

選手が二塁と三塁の間に挟まれ、遊撃手から投げられた球がインフライトである間に三塁へ向かう途中の三塁手に走路を妨げられた場合、もし球がドッグアウトにはいってしまったら妨害された走者は本塁が与えられる。この状況では、そのほかの塁にいた走者もオブストラクションが宣告される前に占有していた塁から二個進塁することができる。

【シグナル/ボイス/メカニクス】オブストラクションA項が起こった場合、審判員はすぐに(部上に両手を上げて)「タイム」をコールしなければならず、さらに妨害した野手を右手で指示し、大きな声で「オブストラクション(進塁妨害)」と声に出して発しなければならない。

二つ目のオブストラクションのタイプは通常B項と呼ばれており、これは走塁を妨害された走者に対してプレイが行われていないときである。

一般的なオブストラクションB項の例としては

・外野にヒットを打って打者₋走者が一塁を回ったところで野手(通常は一塁手だがほかの野手もありうる)に妨害された場合、

・野手が捕球し損ねたか、悪送球を捕球できず、その野手によって走者が抑えられたり、押されたりした場合、

・野手(ボールを保持していない、もしくはボールを処理している最中)が走路にいたために走者が走路方向を変更しなければならなくなった場合、

・打者₋走者が打った塁打が外野に飛び一塁に到達する前に妨害された場合、

6.01(h)オブストラクションB項が生じた場合、審判は妨害をした野手を指して「進塁妨害(オブストラクション)」と大きな声で宣告しなければならない。しかし、すべてのプレイが終了されるまで試合を続ける。

走者が妨害されても引き続きプレイが続き、妨害がなければ到達できていたかもしれないベースに到達する前に走者がタッチアウトとなった場合、走者がタッチアウトになった時点で審判員は「タイム」をコールする。審判員はオブストラクションによる走者への対応として、妨害がなければ到達できたはずの塁まで妨害された走者を進塁させる。

審判員は走者の位置を決定するために、妨害発生時のボールの位置、妨害発生時の走者の位置、妨害発生時と発生後の走者の速さなど、さまざまなことを考慮に入れなければならない。また、ベースコーチが走者を妨害した場合、オブストラクション宣告のためにその後に走者をとこに位置させるか妥当な決定をするために、審判員同士が話し合あうことができる。

【Rule 6.01 (h)(2)原注】(7.06(b)原注)によると、オブストラクションによってボールデッドにならず、走塁を妨害された走者が妨害があった場合に審判が進塁できると判断した塁より先に進塁しようとした場合、これは走者本人のリスクでおこなうものであり、アウトになる危険を冒して進塁することになる。アウトになるかどうかは審判員が判定するものである。

【注意】捕手は、ボールを保持していない状態で、点を入れようとする打者の走路をブロックする権利はない。ベースラインは打者に走る権利があり、捕手は球を処理している間か、すでにボールを手にしていればベースライン上にたつことができる。

【シグナル/ボイス/メカニクス】B項のオブストラクションが発生した場合、審判は妨害した野手を指して「走塁妨害(オブストラクション)」と声に出して言う。妨害されていなければ到達していたかもしれない塁にたどり着く前に走塁妨害された走者がアウトとなった場合、審判は走者がアウトになった時点で「タイム」をコールする。審判はその後のオブストラクションの処理として走者に進塁させることができる。

野手がボールを持たずにブロックして走塁妨害することもある。例えば一塁手がピックオフプレ-を企図して一塁をブロックしたり、内野手がスティールプレイでベースをブロックした場合である。

その場合、審判はオブストラクションを宣告するが、すべてのプレイが終わってから進塁などを許すものとする。

また、野手がボールをとろうとしてプレイを行っているときに走者をころばせるなど甚だしくひどい妨害を起こした場合にもオブストラクションが宣告されることもある。

ダウンロード

コリジョンルール(衝突ルール)

WBSCは、ホームベースや各塁上で捕手や内野手と不必要且つはげしく衝突してしまうことを懸念しています。この規定の意図はできる限りこうした衝突を避けられるよう走者と守備野手に促すものです。

続きを読む

インフィールドフライ

「インフィールドフライ」とは、走者一、二塁もしくは満塁で、無死か一死の状態で、内野手が通常の守備行為で捕球できるフェアの飛球(ライナー及びバントによる飛球を除く)のこと。投手、捕手、外野手が内野で捕球した場合も内野手と同様に扱われる。

続きを読む

キャッチ(捕球)

キャッチ(捕球)とは、野手が、野手が、インフライトの球を、手やグラブでしっかりと受け止め、かつそれを確実につかむ行為をいう。その野手の帽子、プロテクター、あるいはユニフォームのポケットまたは他の部分で受け止めた場合は捕球とはならない。また、ボールに触れると同時、あるいはその直後に、他のプレーヤーや壁と衝突したり、倒れたり、その結果落球した場合も捕球とはみなされない。

続きを読む

ストライクゾーン

「ストライクゾーン」とは、上限が打者の肩の上部とユニフォームのズボンの上部との中間点に引いた水平のライン、下限がひざ頭の下部のラインとする本塁上の空間をいう。このストライクゾーンは打者が投球を打つための姿勢によって決定されるものとする。

続きを読む