The International Authority of Baseball & Softball.

野球部門審判員エリア

野球審判員のための資料 SSK

コリジョンルール(衝突ルール)

コリジョンルール(衝突ルール)

WBSCは、ホームベースや各塁上で捕手や内野手と不必要且つはげしく衝突してしまうことを懸念しています。この規定の意図はできる限りこうした衝突を避けられるよう走者と守備野手に促すものです。

1.走者と、明らかにボールを保持している野手もしくはボールを処理している野手が衝突したとき、審判員は次のように判断する

1.走者による衝突が回避可能(衝突せずに塁に到達できたかもしれない)か回避不可 能(走者の塁への走路がブロックされていた)かどうか
2.走者が塁に到達しようとしていたのか、もしくは野手から落球させようとし たのか
3.走者が故意にボールを取らせないようにひどくぶつかっていったのかどうか

ペナルティ

  • 走者が野手に落球させようとした場合、野手がボールを保持し損ねても走者はアウトを宣告される。ボールデッドとなり、ほかの塁の走者は妨害が発生した時点に触っていた塁に戻る。
  • 野手が走者の走路をブロックした場合、走者は、生還する企図があれば野手に接触したり、滑り込んだり、衝突したりしてもよい
  • 走者がホームプレートを触る前に、甚だしく明らかに、および故意に接触した場合、走者はアウトを宣告され、試合退場となり、直ちにボールデッドになる。ほかの塁にいた走者は接触発生の時点に占有していた塁まで戻らなければならない。
  • 前位の走者が本塁を触った後に接触があった場合。前位の走者はセーフとなるが、ボールデッドとなり、ほかの塁の走者は接触発生前に触っていた塁まで戻らなければならない。
  • 走者はセーフで衝突が故意によるものだった場合、走者はセーフになるが試合退場になる。
  • 守備選手がボールを保持していないのに明らかにホームプレートやベースラインをブロックした場合、オブストラクションが宣告される。審判員は違反した野手を指して「オブストラクション」と宣告する。審判はプレーが一通り終わるまで待ってからタイムをコールし、公式野球規定に従い必要と判断される塁まで選手が進むよう処理する。妨害をうけた走者は妨害前に占有していた塁より少なくとも一つ進塁できる。
  • 走者が明らかにひどく衝突した場合、オブストラクションで走者はセーフを宣告されるが、試合退場となりボールデッドになる。
  • 走者の走路が妨げられた場合、上記の規定を満たしていれば接触は不可避であったとみなされる。

ダウンロード

インフィールドフライ

「インフィールドフライ」とは、走者一、二塁もしくは満塁で、無死か一死の状態で、内野手が通常の守備行為で捕球できるフェアの飛球(ライナー及びバントによる飛球を除く)のこと。投手、捕手、外野手が内野で捕球した場合も内野手と同様に扱われる。

続きを読む

キャッチ(捕球)

キャッチ(捕球)とは、野手が、野手が、インフライトの球を、手やグラブでしっかりと受け止め、かつそれを確実につかむ行為をいう。その野手の帽子、プロテクター、あるいはユニフォームのポケットまたは他の部分で受け止めた場合は捕球とはならない。また、ボールに触れると同時、あるいはその直後に、他のプレーヤーや壁と衝突したり、倒れたり、その結果落球した場合も捕球とはみなされない。

続きを読む

ストライクゾーン

「ストライクゾーン」とは、上限が打者の肩の上部とユニフォームのズボンの上部との中間点に引いた水平のライン、下限がひざ頭の下部のラインとする本塁上の空間をいう。このストライクゾーンは打者が投球を打つための姿勢によって決定されるものとする。

続きを読む