The International Authority of Baseball & Softball.

Photo: Liga Mexicana de Beisbol 

【メキシコ市】メキシコ国内トップのトリプルAプロリーグであるメキシコ野球リーグ(LMB)は、2018年シーズンより史上初の女性審判員を少なくとも一人は誕生させると発表した。

LMBの発表によると候補者は現在Paulina Barajas( 34)とLuz Gordoa(41)の2名。LMBアカデミーでの研修を終え、LMBルーキーリーグの試合ですでに審判員の経験があるという。

来シーズンでの歴史的デビュー実現に備えて、二人は今月メキシコ・ウィンターリーグ(LIM)(若手の育成を目指すリーグ)で審判員デビューをかざる。

LMBのハビエル・サリナス会長は「今後もこのリーグは女性の地位向上と参加を促すアクションをさらに行い、社会改善を目指して女性の地位向上にしっかりと取り組んでいきます」とコメントした。

世界野球ソフトボール連盟(WBSC)は先日 スポーツ分野での女性の参加と進出を目指すIWG ブライトン・プラス・ヘルシンキ宣言に署名したばかり。WBSCはツィートでLMBの発表を称賛し、LMBとサリナス会長もリツイートした。.

 関連記事:

台湾で初の女性野球審判員誕生