The International Authority of Baseball & Softball.

【台湾台中】日本プロ野球(NPB)ウェスタン選抜がNPBイースタン選抜を台中インターコンチネンタル野球場にて6対1で破り、アジア・ウィンターベースボールリーグ(AWB)優勝に輝いた。

NPBウェスタンの先発鈴木翔太投手(中日ドラゴンズ)は5回無失点で勝利投手となった。

NPBウェスタンの2016年度優勝で、NPBチームがAWBの優勝に輝くのは過去4シーズン中3度目となった。NPBウェスタンの吉田正尚孝選手(オリックス・バファローズ)が「最優秀打者」に選ばれた。

3位決定戦では2015年AWB勝者のチャイニーズタイペイ代表トレーニングチームは韓国野球委員会(KBO)と対戦。合わせて19本の安打を出した接戦の末7対6でチャイニーズタイペイ代表トレーニングチームが試合を制した。

5、6位決定戦では中華職業棒球大連盟(CPBL) が欧州選抜チームを13対0で圧勝。

同リーグへの関心が高まっていることから、今回6チームが出場したAWBを運営したCPBLによると、アメリカや日本チームなどの参加希望を表明するチームもでてきており、2017年のWBSC認定AWBはさらに拡大して開催する可能性があるという。