The International Authority of Baseball & Softball.

【ボツワナ・ハボローネ】世界野球ソフトボール連盟 (WBSC)と国際女性スポーツワーキンググループ(International Working Group =IWG)は24日、WBSCと82の野球・ソフトボール国内連盟がスポーツ分野で女性の参加と進出を目指すIWGブライトン・プラス・ヘルシンキ宣言に署名したことを発表した。

ボツワナで行われた総会にてWBSCのリッカルド・フラッカーリ会長はIWGのルース・マフォリサ副議長とともに宣言書に署名。その後6大陸82の国内野球・ソフトボール連盟も署名し、IWGのムーブメントに賛同した。

「WBSCと世界中の野球・ソフトボール界のリーダーたちは、全面的にブライトン・プラス・ヘルシンキ宣言を支持し、国際女性スポーツワーキンググループの方々の素晴らしい取り組みに称賛の言葉をおくります。WBSCは野球やソフトボールにおける女性の参加と進出、機会平等を優先事項としてとらえております。すでに野球・ソフトボール界では多くの女性が参加、進出しておりますが、女性のリーダシップの増加をふくめ、WBSCは野球・ソフトボールをより女性が参加しかかわることができる競技にしていきます。WBSCはこれまでも野球・ソフトボールの競技も男女平等を常に目指しさまざまなスポーツのムーブメントを支持していますが、IWGのムーブメントにも賛同できて光栄に思います。」と述べた。IWGのマフォリサ副委員長は「若い人を惹きこみ商業的にも人気がありグローバルに成長をつづける野球やソフトボールのような競技のサ参加は、スポーツ界の女性参加と進出をより促進する助けとなるでしょう」とコメントした。

 

不平等の壁を超える野球・ソフトボール界の女性たち

世界6500万人いるといわれる野球・ソフトボール選手のうちほぼ半数が女性。

国内プロ・ファストピッチ (NPF) ソフトボールリーグでは史上最高額の100万ドル選手が誕生。昨年2008年オリンピック・ソフトボール大会のスター選手だったモニカ・アボット(アメリカ)が球団と初の女性選手として100万ドルの契約を結んだ。

WBSC執行委員会13名のうち女性は、ベン・チョウ・ロウ事務局長、2008年オリンピック選手のマリア・ソート氏(ベネズエラ)、3回連続日本のオリンピック・ソフトボールチームのコーチ歴をもつ宇津木妙子氏の3名(23%)である。国際オリンピック委員会 (IOC)のガイドラインでも意志決定のできる地位に女性が占める割合を少なくとも20%に達するよう示している。

全日本野球協会初の女性理事山田博子氏はハボローネのWBSC総会でWBSC野球部門執行委員会の無任所理事に選出された。

主な野球・ソフトボール連盟(協会)(6大陸)で管理職や首脳陣に現職する女性は以下37名。

  • バハマ野球協会 — Oria Maria Wood Knowles(事務局長)
  • バハマソフトボール連盟— Daphne McKinney(事務局長)
  • ベリーズソフトボール連盟 — Tiffany Heusner(事務局長)
  • ボリビア野球ソフトボール連盟 — Mirtha Vasquez(事務局長)
  • ボツワナソフトボール協会 — Gloria Gaosikelwe(事務局長)
  • イギリスソフトボール連盟 – (2名) Jenny Fromer(会長)、Stella Ackrell(事務局長)
  • イギリス領バージン諸島ソフトボール協会– Bria Smith(事務局長)
  • ケイマン諸島ソフトボール協会 — Molly Ann Moore(会長)
  • チリ野球ソフトボール連盟 — Carolina Astudillo Ossandón(事務局長)
  • クロアチアソフトボール協会 – Dijana Peric(事務局長)
  • デンマークソフトボール連盟 – (2名) Henriette Gilhoj(会長)、 Linda Ranlov(事務局長)
  • エクアドル野球連盟 – Lourdes Garay(会長)
  • フィジー諸島野球&ソフトボール連盟 – Surkafa Katafono(事務局長)
  • ガーナ野球ソフトボール協会 – Christiana G. Doodo(事務局長)
  • 香港ソフトボール協会 — Heidi Ip Kit Ching(事務局長)
  • ジャマイカ・ソフトボール協会 — Marvalyn Campbell(事務局長)
  • レソト王国野球ソフトボール協会 – Bothobile Shebe(事務局長)
  • リトアニアソフトボール協会 – Diana Pupininkiene(会長)
  • ペルーソフトボール連盟 — Vanessa Endo(会長)
  • ポルトガル野球ソフトボール連盟 – Sandra Monteiro(会長)
  • プエルトリコソフトボール連盟 — Lina E. Nazario(事務局長)
  • サイパン野球リーグ (マリアナ諸島) — Rose Igitol(会長)
  • サンマリノ野球ソフトボール連盟 – Monia Magnani(事務局長)
  • セネガル野球ソフトボール連盟– Madeleine Sarr(事務局長)
  • シンガポール野球ソフトボール協会 — (2名) Foo Pei(会長)、 Sheng Thong Yin(事務局長)
  • 南アフリカソフトボール – Cynthia Tsholo Nthuping(事務局長)
  • トリニダード・トバゴ野球ソフトボ―ル協会 — Nicolle James(事務局長)
  • チュニジア野球ソフトボール連盟 – Ahlem Ganfaly(事務局長)
  • タークス・カイコス諸島ソフトボール連盟 — Santana Rigby(事務局長)
  • アメリカ野球連盟 — Jenny Dalton-Hill(事務局長)
  • アメリカ領バージン諸島ソフトボール連盟 — Patricia Philipps Smith(事務局長)
  • ベネズエラ野球連盟 – Aracelis Leon(会長)
  • ベネズエラソフトボール連盟 – (2名) Maria Soto(会長)、 Milagros Hernandez(事務局長)

IWG は2018年5月に第7回世界女性スポーツ会議をハボローネにて開催。