The International Authority of Baseball & Softball.

2017年10月12日、ボツワナのハボローネの総会にて、WBSCのリッカルド・フラッカーリ会長、アンジェロ・ビチーニ財務部長、ウィリー・カルトシュミット副会長

アメリカで初の女子ベースボールワールドカップ開催

【ボツワナ・ハボローネ】世界野球ソフトボール連盟(WBSC) は12日、WBSC女子ベースボールワールドカップ® 2018 の開催地をアメリカの複合競技連盟でありWBSCの準会員でもあるフロリダに本拠地を置くUnited States Specialty Sports Association (USSSA)が主催することを発表した。

第8回目を迎えるこの女子ベースボールワールドカップは、 フロリダのビエラにあるUSSSAの新本部 USSSAスペースコーストコンプレックスにて来年8月17日から26日まで開催する。

これは、現在ボツワナの首都ハボローネの国際コンベンションセンターにて行われているWBSC世界野球ソフトボール総会 で第一日目にWBSC野球執行委員会により決定されたもの。

「アメリカ初の女子ベースボールワールドカップ開催となります。USSSAはさまざまなトップレベルの競技大会を組織運営したすばらしい経験を持っており、新しく建設されたUSSSAスペースコーストコンプレックスが女子野球最高峰の舞台と優秀な選手たちにとって理想的な場所であることは間違いないでしょう。」とWBSCのフラッカーリ会長はコメントした。

「USSSAは公式世界大会であるWBSC女子ベースボールワールドカップ2018を国内初行えることを大変光栄に思います。」とUSSSAのドン・デドナティスCEOもコメントした。

WBSC女子ベースボールワールドカップは2004年より隔年ごとに開催している。

2016年に韓国で開催された第7回WBSC女子ベースボールワールドカップでは日本がカナダに勝利し優勝した。