The International Authority of Baseball & Softball.

 

日程およびメディアキットを見る/ダウンロード

【スイス・ローザンヌ】世界野球ソフトボール連盟は今日、9月1日から10日までカナダのサンダーベイで開催されるWBSC U-18 ベースボールワールドカップ® 2017,の公式試合日程を発表した。

第28回を迎えるこのU-18 ワールドカップは全体で50を超え、1次ラウンド(グループステージ)、2次ラウンド(スーパーラウンド)、決勝ラウンドの3つのラウンドにわかれている。

出場12か国のうち、世界トップ10から史上最高の9カ国が出場する。世界中の16~18歳のトップ選手であり将来ドラフトで第一指名をうける未来の大スターたちが集結する。

開幕第1日目

第1試合 アジア U-18 王者・世界トップ日本と南北アメリカ大陸の野球強国メキシコが公式開幕戦で対決。日本は2013年と2015年と2回連続U-18 ベースボールワールドカップで準優勝に輝いている。

第2試合 ヨーロッパ U-18 準優勝イタリアが中央アメリカのニカラグアと対戦。

第3試合  U-18 ベースボールワールドカップ2015の3位決勝戦再現。オセアニア U-18 優勝オーストラリアと世界3位の韓国が対戦。

第4試合 3回連続優勝アメリカがヨーロッパ U-18 王者のオランダと大会初日に対戦。

第5試合 世界10位カナダとアジア U-18 準優勝・世界4位のチャイニーズタイペイが対戦。両国が U-18 ベースボールワールドカップ2015でも対戦したが、カナダがチャイニーズタイペイを6対2で破った。

第6試合 世界を圧倒する野球大国キューバは初日アフリカのトップ南アフリカと対戦。キューバは  U-18 代表チームは過去11回ジュニアの王者に輝いている。

2日目には  U-18 ベースボールワールドカップ決勝のリマッチとなる日本対アメリカ戦が待っている。アメリカは2度ともわずか1点差で日本を破って優勝した(2013年3₋2、2015年2₋1)

2次ラウンド(スーパーラウンド)

1次ラウンド30試合終了後、グループAの上位3チームとグループBの上位3チームが2次ラウンド3日間で対戦する。コンソレーションラウンドも同時に行われ7位~12位を決定する。

決勝ラウンド

2次ラウンド上位2チームが「世界一の称号のために」9月10日午後5時より決勝で王者を決定する。3位決定戦は同日午後12時より。

前回の U-18 ベースボールワールドカップ決勝は大阪の甲子園球場に1万5千人のファンがつめかけ、テレビ放送もその日日本国内テレビ最高視聴率を獲得。ライブ配信は93カ国からのアクセスがあった。

放映日程やライブ配信についての詳細は後日発表予定。第28回 WBSC U-18 ベースボールワールドカップのチケット購入はこちらより→www.thunderbay2017.com