ビリー・ジーン・キングとパートナーのイラナ・クロスロサンゼルス・ドジャースのオーナーグループに加入。ドジャーズから発表された。

キング 女史は次の公式声明を発表した。「ドジャーズは LGBTQ( レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー:性的少数者) の権利の 平等と包括を協賛しており、私達はこの方面でのチームの努力を更に拡大し、ともに前進したいと願っている。」

ドジャーズの主な所有者であり、会長のマーク・ウォルターは、「ビリー・ジーン と イラナのようにドジャー・フランチャイズにも障壁を取り除き、少数者の包括と勝利に積極的に関わってきた歴史があり、私達の組織でもこの動きを引き続き促進し、貢献し続けたいと願っている。」と加えた。

ビリー・ジーンを「真のアメリカの先駆者」と名づけたメジャーリーグ・ベースボールの最高 経営責任者(CEO)ロブ・ マンフレッド氏は、「彼ら二人がアメリカの国技とも言える野球に加わってくれることをとても嬉しく思っている。」とコメントした。

ビリー・ジーン・キング、1943年に生まれの旧姓ビリー・ジーン・モッフィットは、女子テニス界の歴史において最も偉大な選手の一人と呼ばれる伝説的な元名選手だ。彼女はUSオープン4回、オーストラリアオープン2回、そしてフランスオープン1回、そしてウィンブルドンで6回優勝している。1965年に彼女はローレンス・キングと結婚したが、1987年の離婚後、秘書のマリリン・ベネットとの親密な関係を告白した。彼女は後、「自身の性的指向を声明すること」が、彼女が戦わなければならなかった最も苦しい戦いであったと語った。

キングは、女性プロテニスをサポートする選手達の努力を支持した。また彼女は女性スポーツ財団とエルトン・ジョンエイズ基金に関与している。

1956年南アフリカ生まれのイラナ・クロスもプロのテニス選手だった。彼女はテニスのシングルスでは世界で19位にランク付けされているが、ダブルスでは1976年に1位にランクインしている。彼女は1976年のUSオープンを含め、ダブルスで19タイトルを獲得している。

Billie Jean King, Elton John and Ilana Kloss

2014年に、ビリー・ジーンとイラナ は、職場における多様性と包括性に取り組むBillie Jean King Leadership Initiative(ビリー・ジーン・キング・リーダーシップ・イニシアティブ)を共同設立した。