オーストラリアは、WBSC 女子ソフトボールU-19ワールドカップのスーパーラウンドで、プエルトリコに6対2でメダルラウンド進出に希望をつなぐ、重要な勝利を収めた。Georgia Hood投手は3奪三振、2失点、7被安打で完投し、オーストラリアを勝利に導いた。

オーストラリアは3回表で先制。Kayla Hancoxはレフトに2死でポテンヒットで二塁、Jenna Trimがライトへ一塁打を打ち、得点した。

プエルトリコは3回裏で2得点し、リード。一気にツーアウトをとると、Tatiana RomanとAminah Vegaが連続のタイムリー、Romanは違反投球で得点した。Victoria Figueroaは4投球後にシングルを放ち、2-1でリードした。

しかし、オーストラリアは4回の表に同点に持ち込んだ。先頭のGeorgia Hoodは、レフトへ二塁打を放ち、暴投で前進し、Ellie Marksの犠牲フライで得点した。

五回表 Isabelle Hannaはバントし一塁、 Hancoxセーフティバントで Esperanza Coeに投球ミスをさせ、Hannaを一塁から帰還させた。その後、Hancoxはショートへのゴロで簡単に得点し、試合は4対2になった。

6回表、オーストラリアはさらに2点を追加した。二死でShaylan Whatmanがセンターにタイムリー、Philippa Adkinsが歩いて代打のMadisun Grahamがセンターに一塁打を打ち、Whatmanを帰還させた。

オーストラリアは現在スーパーラウンドで2勝2敗で、この後両チームにとって重要な試合となるカナダと対戦する。プエルトリコは1勝4敗。