Aleshia Ocasio、 Xeana Dung 、 Karla Claudio が継投リレーでバハマを4回 13-0 で完封し、プエルトリコはこの大会2連勝を記録した。Quiana Diaz とAlyssa Riveraが打線を率い、計4安打6点3打点。

プエルトリコ先発のOcasioは29球でバハマの最初の6打者を計5奪三振などで倒した。3回Dungはわずか11球で三者連続三振を奪い、Claudioは4回に対峙した3打者のうち1名から三振を奪った。
これまでの2試合、プエルトリコの投手陣はランナーを1名すら出すことを許していない。これまでの9イニングで投手陣は27名の打者と対峙し、うち20の三振を奪った。

プエルトリコは1回先制の2点を入れる。1番打者Diazはバントで出塁し、パスボールで得点。Aleshia OcasioはJena Cozzaの二ゴロで得点した。2回表に4点、3回表に6点と得点を重ね、プエルトリコが試合を制した。
4回表Alyssa Riveraがセンターを大きく超えるモンスター本塁打を放ち1点を加え13対0となった。
明日プエルトリコはカナダとグループAの無敗同士の戦いを繰り広げる。バハマは休息日。

ペルーはドミニカ共和国に歴史的勝利

WBSCソフトボール アメリカ大陸予選の3日目最後の試合では、ペルーが今日ドミニカ共和国を6対1で破る歴史的な勝利を挙げた。Meiber Cabreraが完投、1失点6被安打1四球5奪三振。
1回裏、ドミニカ共和国の先発Rosaury Perezは制球に苦労し、3四球1死球でペルーに2点を許す。Giovannah Webb のシングルでDaniela Osakiが生還、Alessandra La Puenteは満塁四球押し出しで2点目を入れた。さらに3回裏ではクリーンヒッたーのElizabeth Cafferoがタイムリーを放ち1点を加えた。
5回裏、ペルーは三つの守備エラーを絡めた2安打でさらに3点をいれリードを広げた。
ドミニカ共和国は7回裏にDanicely Hernandezが犠牲フライを放ってPerezを生還させ1点を返した。
ペルーは明日休息日、ドミニカ共和国はブラジルと午後7時30分から対戦する。