今日のナスパ・スタジアムではプエルトリコとニュー・ジーランドが勝利した。

プエルトリコ対メキシコ 9対0

プエルトリコはこれで5勝目を決めグループAで無敗トップ。今日の試合ではAleshia Ocasioの好投でメキシコを6回9対0のコールド勝利でくだした。

1回二つ目のアウトで先発Cheyanne TarangoはJena Cozzaと交代。プエルトリコのKarla Claudioは外角の球を狙って右フェンスへ2点本塁打を放った。

Jaimie Hooverの安打とエラー、四球で満塁。カウント3−2から四球押し出しでさらに3点目を入れた。

2回裏プエルトリコがさらに猛攻。Jena Cozzaがライズボールを見事に捉え、左越え2点本塁打で5対0までリードした。

3回二死、メキシコは左投げのDesiree Hernandezがリリーフ登板すると5回までプエルトリコを無失点に抑えた。

しかし6回暴投と安打で走者一、二塁のピンチでTarangoが再び登板するが、ピンチを脱することはできなかった。Jaimie Hoover が四球で二死満塁、Carsyn Gordonがストライクゾーンど真ん中の球をとらえ満塁ホームランで試合が終わった。

 

 

プエルトリコのOcasioは圧倒的な制球でメキシコを完封した。6回5被安打、1与四球、3奪三振。

プエルトリコは5勝0敗の成績で明日現地時間10時よりニュージーランドをゼットエーボールパークで対戦する。この試合はもともと第一カッター球場で12時半からを予定されていたが、ニューランドは18時よりゼットエーボールパークでメキシコとの対戦があるため変更となった。

 

ニュージーランド対南アフリカ  6対0

 

ニュージーランドは今日南アフリカを6対0で下し、WBSC世界女子ソフトボール選手権大会初白星を挙げた。Courtney Gettinsと Nyree Whiteの継投プレーで2被安打のみ無得点に封じた。

1回表ニュージーランドはElizabeth Cooperの犠牲フライで先制点を挙げる。

5回表Mikayla WerahikoとHailey Breakwelがそれぞれタイムリー二塁打を放ち3点追加、さらに6回表Kingsley Averyがとどめの2点タイムリーを放ち勝利を決めた。

勝利投手Gettins はわずか2被安打、8奪三振。敗戦投手はMadelein Bester。

ニュージーランドは1勝3敗。南アフリカは0勝5敗の成績となっている。