【ガザ・パレスチナ】約12か月前に、WBSCはガザ地区へ野球/ソフトボールのスターターキットを届けた。それ以来パレスチナ野球/ソフトボール協会は地元の男性女性をこの競技参加を呼び掛けた。

現在100人の男性と80人の女性が週2回ベースボールとソフトボールをしに集まっており、Mahmoud Tafesh氏とその兄弟は年齢別の男性の8チームと女性の6チームを編成した。

ガザ地区には自由なスペースがなく、適切な競技場がないことを考えて、協会はBaseball5を導入し、インターネットを通して独自に学んだ。現在協会はBaseball5の国際大会に出場することを目指してチームを育てている。

WBSCのリカルド・フラッカーリ会長は、「これはチームスポーツの力と人々を結集させるそのユニークな能力を明らかにする明解な例だ。チームスポーツは、スポーツ活動をするすべての人に肉体的、心理的恩恵を体験させるばかりでなく、地域社会全体を一致団結させる能力、またチームが一団となって、一つの国や地域を代表する意識が一体感を生みださせてくれる。」「 ガザ地区は、人口密度の非常に高い場所の一つであり、日常生活GAしばしば闘争となるこのガザ地区にBaseball5が導入されたことを誇りに思う。」

ガザの野球/ソフトボール協会は現在、地方自治体、全国オリンピック委員会、WBSCと協力して競技統括団体として承認され、WBSC会員になることに働きかけている。